teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


楽しみなこと。

 投稿者:森から  投稿日:2019年 1月18日(金)08時19分20秒
  ありがとうございます!
私は最近、描きはじめた絵を家にある絵の横に並べて、まだまだだなーと、馬鹿だから、本気で思ってました。
描きはじめたばかりなのに 。 笑

今日は寒くて、足元が、キュッとないてますね。寒いのも、いいかな。体もきゅっとなります。
 
 

聴雪のオトの周波数はテラヘルツ?笑

 投稿者:はんのき八木橋  投稿日:2019年 1月18日(金)07時30分19秒
  >画像、銅の鏡みたい。とても不思議ですな感じですが、ずっと見てられる。怖くないんだーと思ってしまいます。

身近にカガミを置いておく・・・・怖くないんです。笑
「カガミを見るのも、嫌で!」とよく言うひともいます。やぁ~~~毎日毎日見なさいとは言いません。

月もツキもカガミです。いつも太陽のように同じカタドリはしてない。だからなんでもかんでも自由に自然に受け入れてくれる。だからいいんです。昔のニッポンの母親みたいなもんかな。

今の母親は、こどもを無意識に言葉で縛ることが多いけど。笑
「ダメでしょ!早くしなさい!お母さんは嫌ですよ、嫌ぁ~~~!」って、感じで。笑

嫌ぁ~~~と書いて思い出した。
今朝も雪がハンパない。半端ないどころじゃない。最低気温がここ北斗はマイナス10度くらいかな。さらに雪の量が・・・・

雪かきが嫌で~~~とか嫌になりますよね!というひとが多い。
おいらは、ずっとゲレンデで遊んでいたからか、雪が大好き。もちろん寒いのもそれほど苦にならない。

だから、「嫌ぁ~~~」て言わないんだよ、とクライアントさんに話すと「現実、嫌なもんは嫌なんです。」と。笑

「いやいや、現実そうだから、雪の降る音を聴いたり、雪の眼には見えない周波数を感じてごらん、雪も美しいから・・・」というと、大抵は笑われる。だはは。

きのうも、実は泡盛パーティー、それもお湯割りで。これが美味いんですよ、なかなか、先日の3千円の会であるオジサンに教えていただいた。笑

泡盛を飲みながら、雪の音じゃなく、テレビでブシャールを応援してたら、あっという間に負けて、それで、魯山人の番組を何気に。

出ました、あの座右の銘も。
「座辺師友」・・・意味は、身の回りのものすべてが、学ぶ教材であるということです。
焼物で言うなら直接古陶磁が師です。周りに多く置いていたようです。ホンモノを周りに置いて直接触れることが何より大事なんですよ。

この座辺とは魯山人いう手近にというだけでなく、日常生活と考えても問題なしです。
日々の生活の中でも師や友はいます。それを師や友と感じる感性があるか否かだけですね。
自分自身それを感じられる自分自身の器を持てるように日々研鑽してるのです。笑。これを修行とも言ってるのかな。

おいらは毎日、修行させられてます。だはは。

花を見てきれいと感じ、月を見て美しいと感じ、そして雪を聴いて何かを感じるココロはたまに持つのもイイんですよね。


この魯山人のことばにこんなのもある。

▼青年よ師を無数に択(えら)べ


 ●美術面において、現存者から師を仰ぐことはなかなかむつかしい。先輩はあってもその人が、なんらかに偏りし、かつ、その道の一つに囚われているからである。これらの一人二人を師と仰ぎ只管教えを乞うとせば、必ず後日悔いを遺さねばならない。

 例えば、画青年が梅原、安井を択ぶとせよ。また古径、靫彦に師事したとせよ。いずれを択んだとしても、真の自由は失われ視野はせばまっていく。いうところの自由と自然なるものを見捨てねばならない羽目に陥る。これで悔いを遺さぬ者ありとせば、それはもともとろくでもない軽薄の徒輩である。

 私はあえて美術青年に警告してみたい。君らが師と仰ぎ、師事せんとするならば、少なくともまず二百年、三百年の昔の美術に注目せよ。五百年、千年、二千年、否もっともっと先の年代になる幾多の作品に目を移して視よ。そして、その年代の人間は、天地を貫く自然の美妙を、いかに観たか。そしていかに道理にそむくことなく、素直に美しいものを造り遺していったかに注目せよ。・・・・

 私はこの古い昔の人たちの遺した作品を師と仰げというのである。なにを戸惑いして今時の先生から芸美を学ばんとしているのか。束縛を受けながらも一人の先生に師事して学ぶ要のあったのは、過去のことである。一人の師を仰ぐ要はなくなっているのである。●

魯山人は、陶芸、料理、絵画で知られてるけど、間違いなくエネ使いです。
毎日毎日、美について修行してたんだから。


おいらも美の追求を、美を愛でる修行は、やめられない。と言って今日もあるブツがやって来る。これは絵画だけど。
やぁ~~~もうエネがやって来てます。笑

おいらも美の追求の修行と称して、ただただやって来る古美術品を愛でてるだけです。言い訳かもしれんけど。笑

ということで、魯山人の書の絶筆画像を。

雪のオトを聴け!カッコいいですよね。


 

先日はありがとうございます。

 投稿者:森から  投稿日:2019年 1月17日(木)09時13分40秒
  画像、銅の鏡みたい。
とても不思議ですな感じですが、ずっと見てられる。
怖くないんだーと思ってしまいます。

胃の調子だいぶ、快復しました。食べ過ぎ、飲み過ぎには気をつけます!
 

ツキがあると思ってる人はいつもツキがある。かな?笑

 投稿者:はんのき八木橋  投稿日:2019年 1月17日(木)07時37分19秒
  >スズキの『kei』  これもお知らせ?  笑


メッセージともお知らせとも、シンクロと呼んでもいいけど、人生で起きることは実は、すべて自分の信念というか信じ込みというかクセというか思考パターンというか、それが創ってるんです。
 これを無意識のハタラキといってもイイと思う。

きのうもあるクライアントさんの相談を聴いてて、その方の価値観とか物差しとかが創った症状というか思考パターンが創ってしまったことで、病院やクスリでは治らない症状を創ってるんです。

殆どがそうですが、これが説明がね、なかなか難しい。なぜなら、価値観や物差し、思考パターンや信じ込み、信念がひとそれぞれ違うからです。良いんです、どんな価値観でも、ただひとつだけにこだわったり、つまり一つの見方や思考パターンでいると、人生で出会う様々な問題パターンはいつも同じになってるだけなんです。

そしてこのパターンを創り出した原因というのが、実は小さい頃の教育や何げない大人、主に親ですが、その大人の何気ないひとことが・・・つまりコトダマが原因なんです。

「・・・したらダメでしょ!」とか「早くしないと・・・・だよ!」とか「こうすべきだよ、これは・・・」とかいう恐怖感を植え付けてしまう言霊です。

このコトダマを小さい頃から聞いてると、自分でもやがていつも自分に言うようになる。
これが、無意識の信じ込みを創るんです。

だからね、シンクロはいつも起きてるという思考パターンをもってるひとは、または信じてる人は恐怖感がないから、または恐怖感が植え付けられないでいると、そうなるし、いtもシンクロが起きるようになる。

それをお知らせと呼んでもイイです。はい!

自分にはシンクロがないとか、そんなもんうそでしょ!と考えるのも、思考パターンも、それはいいけど、人生では何も起きないというだけです、恐怖感を感じることっばかりに出会うようになるだけです。それだけ。

お知らせは、そうできてるんですね~~~~。

ということで、あと4・5日でテラヘルツの周波数を持ってる「お月さん」はまた満月になります。
 感じてみて下さい。テラを、見えない時は「寺」に行きましょ。笑

ということで、今日は先日中国がお月さんの裏側に上陸したので、ニッポンのかぐや姫が探査してきたお月さんの裏側を。

さて、どんなことを感じるか?それがテラのお知らせですね。笑

https://www.youtube.com/watch?v=X-hWLOkUkDI


おいらは、人生には完璧なもんはないんだよ。だから恐怖感は持たなくていいんだよ。植え付けるもんはやがて裏側にいって見えなくなるから・・・とお月さんが言ってるように聴こえた。笑
 

kei

 投稿者:ヒロさんパパ  投稿日:2019年 1月17日(木)05時44分30秒
  昨年買い換えた車が、スズキの『kei』  笑


これもお知らせ?  笑
 

みそぎは身を削ぐからなぁ~~

 投稿者:はんのき八木橋  投稿日:2019年 1月16日(水)07時30分54秒
  >鏡の調整の話しをされた方々も嘘みたいなお話で凄かったです!!

そうですよね!実は、講習会の後に、あの鏡の調整を2か月やってみたという方のお話を数人に聞いたのですが、それはそれはあり得ないシンクロ話が・・・。

「どうして前に出て話してくれなかったのですか?それは凄いでしょ!」と言ったら「いやぁ~~私はシャイなんで・・・」とか「先生にだけ話しておけば、それでいいかと」とか「あまりしゃべるとウソっぽいから・・」とか。

そうなんですよね、どうしてもウソっぽくなる。笑
まぁ~~いいけど。

シンクロはね、こいこいと思ったり、作ろうとしたり、言ったりしてると、やって来ません。
これは、すべてそうなんです。

健康も、お金も、恋も、そうでしょ!笑
そんなもんです。

大事なことは、あちらの世界、つまりエネにまかせてみることですかね?
それくらいで、いいんです。

大したことないですから、意識してやることなんて。無意識の方がでかいデカい。笑

ということで、きのう夜遅く、木古内の若いシェフがやって来た。
パッキャオのサインを見て「マジに???これホンモノ!」と大騒ぎ。今週末、というか今度の日曜日に世界戦があります。

「やぁ~~今日で木古内みそぎ祭りが終わったんだけど・・・。おれも何故か?みそぎに参加させてもらって・・・」

「それは、よかったなぁ~~なかなかそんな機会はないんだよ~~」とオジサン。
13日の真夜中に、氷点下10度の中で禊のお水をいただいたらしい。


オジサンは、きっと水を被ったら心臓が止まりそうなので、お酒でみそぎを。笑


木古内のみそぎを調べたら・・・
 1831年神社守の夢枕に「御神体を潔めよ」とのお告げがありました。翌1月15日の早朝、神社守は身を切るような冷水で自身を清め、御神体を幾度となく沐浴。その年から豊漁豊作が続いて村は大変賑わったといいます。以来、「みそぎ祭り」は伝統行事としてこの地で受け継がれてきました。
行修者と呼ばれる4人の若者は1月13日から佐女川神社に籠もり、昼夜問わず真水で何度も自身の身体をきよめ、1月15日に別当・稲荷・山の神・弁財天の4体の御神体を抱いて厳寒の津軽海峡に飛び込みます。締めくくりでは見物客に向かって水がまかれ、かかった人にはご利益があると言われています。・・・

北国は水というより、今朝は雪がすげ~~~です。
御利益があるなぁ~~~きっと。笑
 

シンクロこいこい

 投稿者:まみぴょん  投稿日:2019年 1月15日(火)22時21分52秒
  今年の11月11日で結婚11年目だー!とさっき気づいた!笑

お会いした皆さん、声をかけてくださりありがとうございました!
とても楽しかったです!

もちろん、はんのきさんのお話は、すごく面白かったです!
今回盛りだくさんでしたね!
鏡の調整の話しをされた方々も嘘みたいなお話で凄かったです!!
私の心には、故山岸会長のお誕生日だったお話、残りました。私が講習会に参加した時には山岸会長はご病気で、お会いしたことは無いのですが。

命日はいつだったのかな?と調べてみたら
TDE が発祥した日というのが出てきて3月29日とありました。
おぉ娘の誕生日だ!と

で、テレビを付けたら、娘の幼稚園の園長先生がお相撲のインタビューを受けてる所が映り私、大興奮!

もっと、皆さんが話されたような凄いシンクロ楽しみにしています!笑
そうだ!講習会の日も、大興奮だったのか全然寝れず、昨日は全く動けず、ずっと寝てて、スッキリ目覚めた時間がピッタリ夜の11時でした!って
どうでもいいか?笑

また皆さんにお会い出きる日楽しみにしています♪
 

しあわせは仕合せなんです。

 投稿者:はんのき八木橋  投稿日:2019年 1月15日(火)07時27分46秒
編集済
  講習会の話はどうだったでしょう?
出来るだけ、みんなに喜んでもらえるような話をしようと、自慢話(笑)も少なめにしたつもりです。
難しんですよ、前でしゃべると、どうしてもある程度自分の話ばかりになるので・・・・。

ということで、かいつまんでチョットだけ内容を書くと、お月さまやあかちゃん、そしてカラダで言えば松果体や胸腺の周波数・波動の話と、あと木村秋則さんの話も珍しくしましたね。

木村さんの本を読めば、必ずや出てくる宇宙人からいただいたという「kei」と書かれた三角形だったかな?円形だったかな?あるカタドリの物質。

そのケイはみなさんがよく飲んでる話題のシリカ水の「シリカ」のことでもあります。
講演会の後にも、たくさんの方がこの水に書かれてるシリカのコトですか?とか、ある方(笑)、そのままブラックシリカのブレスレットを見せてくれました。

このブラックシリカは北海道道南の「上ノ国」というところでのみ日本では産出されてる言われてて、近くの「天の川」上流より産出された「神石」とも呼ばれ、古代から北海道のアイヌの間では様々な病気に効果ありと言われたらしいです。
数億年の間、海底の珪藻類が堆積し地表に隆起したと推定される天然鉱物です。多種の天然ミネラルをふんだんに含み、遠赤外線をはじめとする、様々な活性波動を放射拡散するのが特徴です。
最近ではブラックシリカは血液さらさらの効果があるとかマイナスをはらうとか言われてます。

ここにも「珪藻」の「ケイ」って出てくるでしょ。
シロクマでは何度も書いてきたことだけど、錦織圭くん、今日これから初戦がありますが、この「圭」も十一・十一と書きますよね。

そして珪藻の「珪」も王様に「十一・十一」です。
講習会でも話しましたが、十一月十一日の「かがみの日」そして、鏡作神社さんの宮司さんのはからいでのシンクロなどなど・・・あと、平成11年・11月11日のクライアントさんのはなしや、もちろん「かがみ」のハタラキ・・・などなど、よく「うそでしょ!つくったでしょ!」と言われるけど、いやいやすべて本当の話で実はあんなもんじゃないんです。
 あれ以上話してると、それこそウソっぽくなるので・・・・。

エネといても、ヒカリや様々な電磁波などと同じように、周波数・波動を持ってます。
その波動が細かいほうが、シンクロや色んなことが出来るというkとです。つまりエネも物質も意識もかな?同じというkとです。

本当はコトダマのエネのハタラキの凄さ、つまり意識も同じですが、このコトダマのエネのハタラキは本当にすごいというとを話したいのですが、これはあまりにも難しいのでそのうちに。笑

そうだなぁ~~~11年と11か月したらやるかな?いや11か月と11日すぎたらでもいいけど。

なかなか、この部分はそれこそ「♪らーらーらーららーらー ことばにーできないー♪」なんです。笑

今回の東京では珍しく、美術館のエネ散策はなしでした。そのかわりというかお正月なので・・・神社に参拝を。

フロント画像にクジラものってるので、年始にここシロクマで書いた「隠岐の島」のシンクロということで、南千住の「素戔嗚神社」に。

ある石、「瑞光石」の波動を確認したくて詣でました。
やぁ~~~思ってたように、古代の細かい周波数をもってましたよ。素晴らしいエネが松果体にビンビン・ビリビリ・さらさらと。

ということで、エネは細かくなるように、つまり周波数でいえば遠赤外線や光のレベルまで高い周波数「テラ」のさらに数百倍のレベルまで持っていきましょう。

そうすると、きっと宇宙人にも遭えるし、UFOに乗せてもらえます。笑

きのうは、帰って来てから「マレー」の試合を4時間以上観てました。
きょうは、大阪もケイもあるから、夜までテニス三昧だな。

みせてくれ~~~十一十一のパワーを!笑

やぁ~~この日のお月さんは、本当にすげ~~~お仕置きでした。
お仕置きというのは仕合せをするという意味なんですよ。つまりしあわせになりなさいというハタラキです。
キット、今年もしあわせになります。はい


追加画像

錦織kei君、よかったね~~。
 

月に代わってお仕置きよ!

 投稿者:写ってない人  投稿日:2019年 1月14日(月)01時53分14秒
編集済
  ♪らーらーらーららーらー
ことーばにーできなーい
らーらーらーららーらー
ららーららーららーらー♪

♪あなたにーあえーてー
ほんとうにーよかったー
うれしくってー
うれしくってー
ことばにーできないー♪


高速バスに揺られて夢心地で無事に帰宅。
みんなと見た真っ赤な上弦の月。
西の空に、この時期だけ見えるらしいです。
変身しちゃいそうでしたね。

みんなに会えて
本当によかった~。
またね♪

こんな感じのお月さまでしたね↓
 

流れ星?もしかしてモナリザが乗ってるぅ?笑

 投稿者:はんのき八木橋  投稿日:2019年 1月11日(金)07時26分15秒
  流れ星?いや火球が年末年始だったかな?日本中で観れた。

その頃に出た動画が、おいらを「ウソだろ~~?有り得んなぁ~~!」の世界にまたまたいざなった。

https://videotopics.yahoo.co.jp/video/vtps/195351

そして、気になるのが、いったい?操縦士は?どんなタイプの宇宙人?いつの時代からやって来たのか?

思い出したのが、月の裏に今でも住んでる、いや、今は地球にいるというけど・・・・その宇宙人、いやいや縄文の時代の日本人かな。笑

通称、月のモナリザです。

https://otoriyosegurume0141.com/2017/12/20/kaguyamystery/

・・・通称「モナリザ」と呼ばれるこの宇宙人は、髪の毛は黒で皮膚が褐色で我々東洋人に非常に似ている。実にかわいらしい女性である(「モナリザ」と呼ぶよりは「かぐや姫」と呼んだほうが我々にはピンと来る)。いますぐにも目を開いてハローと言いそうなほどにリアルである。アメリカのインディアンやインディオ、中国や日本などアジアの国ならどこにでもいそうな女の子のように見える。違いがあるとすれば、俗にいう「第三の目」という、額の中央部に何かの突出があり、ひょっとすればそこに目があるのかもしれないというところだろう。

ビリー・マイアーがプレアデス人から聞いたという宇宙の歴史書によれば、地球にはかつて3種類の地球人型宇宙人が来訪し、そのそれぞれがその時代の地球の現地地球人と混血して現在の3つの人種が形成されたのだという話である。プレアデス人やウンモ星人は「金髪碧眼色白の北欧人型」であるが、この「モナリザ」は「黒髪で褐色の東洋人型」、「アジア人型」である。そして中国人と日本人はこのタイプのETの直系の子孫であるというのがビリー・マイアーの話である。

そして、アポロ20号乗組員、ウィリアム・ルートレッジのインタビューも。

インタビュー内容
ルカ:宇宙船の起源を理解できましたか? どれぐらい古いものでしたか?

ウィリアム:年代は150万年前と見られた。それは探索時に見つけられ、元々の地殻であるアノーソサイト(フェルズスパソイドの螺旋)から脱出用座席を見つけた。アノーソサイトはイズサックDクレーターができた隕石の衝突で生成された。宇宙船上の隕石の衝突の濃度から年代が推定された。船の西側にあるモナコ丘への小さな白い衝突もそうだ。

ルカ: モナリザ地球外生命体(“Mona Lisa EBE”)についてはどうですか? 彼女はどんな風でしたか、あなたが月面で発見した時にはどこにいましたか? 今彼女はどこにいると思いますか?

ウィリアム:モナ・リザ・・・誰がその女に名付けたか覚えていない、レオノフか私だ。彼女は無傷の地球外生命体だ。人間に似ており(ヒューマノイド)、女性、1.65メートル。性器があり、髪の毛があり、6本の指がある。(数学はダースを基礎にしていると思われる。) 役目は、パイロットだ。操縦用装置が指と目に固定されていた。衣服は無く、われわれは鼻につながっていた2つのケーブルを切断しなければならなかった。鼻の穴は無い。レオノフは目の装置を切断した(このビデオで見れる)。血液か、生物の液の凝固が口、鼻、目、体のいくつかの部分から噴出して凍結していた。体のいくつかの部分は異常に良い状態を保っており、髪と肌は薄い透明な保護層で保護されていた。管制塔へ伝えたとおり、状態は死んでもおらず、生きてもいなかった。われわれは医療の知識や経験が無かったが、レオノフと私はテストを行った。われわれの生命装置をEBEへ固定した。・・・・と続く。笑

こんな話を、13日の講習会では話してみたい。だはは。やらんけど…モナリザの話はするかな?

月の裏に中国も進出したからな~~~人工知能AIが主人公の時代、そんな時代が近いのかも。笑。

モナリザはどこに行く~~~~のか。笑

 

そうだ、忘れてた。

 投稿者:はんのき八木橋  投稿日:2019年 1月10日(木)07時53分24秒
  年末にいれた曲はこのCDに。


今日からハワイに上陸する方もいるなぁ~~~虹が見れるかな。笑
 

虹は二女のことなんだなぁ~~赤と青の。

 投稿者:はんのき八木橋  投稿日:2019年 1月10日(木)07時36分45秒
  >行く途中で、不思議な雲が ありがとう みんな健康で笑顔な年に


これ、画像で見る限り「クジラの尻尾」ですね。笑
あの世とか宇宙に運んでくれる生き物です、そう龍とも呼ばれてる、普通は。

これね、お返しは「烏賊」なんですよ。龍の神さんへの感謝の気持ちは「イカ」がかたどってます。さて、わかるかなぁ~~~???笑

12・3年前かな?隠岐の島の神社エネ散策をしたことがある。
やぁ~~~有り得んコトばかり起きてね・・・・これ書いたことあるかな?
島に上陸する高速船が、クジラと衝突して、帰れなくなった、という事件が。

その時に、おいらはただただ「だいじょうぶ!お酒を飲んで、友を信じて、遊んでると…」と言って、たら、なななんと、帰りは有り得んほどの奇跡のような日本海のベタ凪。
 漁師さんによると、一年に一回あるかどうかというベタ凪だったようで、おまけに、その隠岐の島の漁師さんが、半年後に、わざわざ函館近郊までイカを採りに来たから、あげるから舟においで!と。笑
 ごっそりもらいましたとさ。まわりの家にまでイカをくばったんですよ・・・ウソみたいでしょ!
 本当ですが・・・・なかなか信じられない話です。

そして、島根に上陸して、エネのある方向に誘われて、鬼太郎ロードを歩いて行くと・・・・なななんと「〇〇〇呉服店」という大きな看板が。大笑いしました。

そうクジラで始まり、イカの恩返しがあるんですよ。

そういえば、年末年始、なぜに?おいらは「オーバー・ザ・レインボー」ばかりのっけるのか?自分でも不思議だったんですが、年の初めにそれこそ神社の近くを散歩してて、虹を見つけた。

なんだろう?なぜに?と。
虹のふもとにはお宝が埋まっていると言われており、空にかかる虹は思いの架け橋として考えられ、見た人の願いを天に届け実現するパワーがあると信じられてるんですね~~。

そして、虹は願いを叶え、思いを実現するという意味があります。
どういうことかと言えば、雨が降った後にしか虹は出ません。そのために、苦難や試練を乗り越えた後の希望のカタドリと考えられてます。
つまり雨が上がった後に綺麗に空に掛かる虹には、明るい未来の訪れを告げるという意味がありやがて光が訪れる事を忘れないでというものなのですね~~~。

ということで虹のメッセージは自分にきたのかな?と。だはは。

そうだ、石垣などの八重山では神さまに「あかまた」とか「クロマタ」とか呼ばれる神さまがいるでしょ!
 あれが、虹のことなんですよ。
八重山地方では、虹は2色しかないんです。
 赤系と黒系(青系)の2色です。

ヘビは2色なんです。そう2匹の蛇・・・・。
 

ASA

 投稿者:はーよーはー  投稿日:2019年 1月 9日(水)11時18分3秒
  あけましておめでとうございます
ことしもよろしくおねがいいたします

ことしは初詣、3つ行きました~
神田明神の獅子舞の画像もあったんだけど、消えちゃったなぁ

画像の箱根神社と九頭龍神社はそれこそ、
ゆるゆる、ふるふる
と粉雪が舞っていい感じでした
ここは船じゃないと20分くらい歩かなきゃいけないので、ご利益あるかな?(笑)

行く途中で、不思議な雲が

ありがとう

みんな健康で笑顔な年に
 

ポチッとな

 投稿者:ヒロさんパパ  投稿日:2019年 1月 9日(水)08時21分52秒
  早速、矢作先生の本をポチッとなしちゃいました(*^^)v


八木橋先生の目次のコメントに激しく同意して(笑)


楽しみだな~
 

テレビ三昧?

 投稿者:はんのき八木橋  投稿日:2019年 1月 9日(水)07時48分22秒
  年末年始テレビは観ましたか?映画は?
おいらは、年末はBSで吉田類の酒場放浪記を…10時間以上やってたかな?観てました。笑
飲みながら。
これ、おいらのような酒飲みオジサンのマニア番組です。


そして、もうひとつは「家についていっていいですか?」

見たことな方もいるかな?こんな番組です。

https://www.tv-tokyo.co.jp/plus/entertainment/entry/2018/018655.html?sc_cid=yw_home_ii


おぎやはぎの矢作さんと、ビビる大木さんが司会の番組で・・・・こちらも欠かさず見てしまう番組で。

そんなんで、何気に司会の矢作さんの名前を見るたびに、「どうしてるかな?矢作先生!」ということで、Amazonで矢作先生の本を検索すると、こんなタイトルの本が。

「動じないで生きる 求めず、期待せず、依存せず、気にせず」


やぁ~~~先生らしいタイトルの本で。先生の天皇関連本は素晴らしい、けどこういう本の方が売れるだろうなぁ~~~。


おいら、この動じないで生きる・・・・はまだ読んでませんが、いつも動じてるおいらは・・・読んだら何を感じるのか?

目次だけ見ると。(カッコ内は、おいらのカキコです)

第一章 求めない
・ただ無為自然で生きればいい
(これがなかなか難しいらしい。みんな言う)
・今のいいところが五つ挙がれば人生は十分幸せ
(これもなかなかあげれる人がいないかな?)
・他人に自分の理想を求めない ほか
(これは、おいらは無いなぁ~~)
第二章 期待しない
・一緒にいるのがつらいと直感したら無理をしない
(離婚相談では、おいらはいつもだいたい別れたらぁ~~という。)
・守るべきゾーンは自らの意識のバリア
(その通りっす)
・命かけてまでする仕事はこの世にない
(ないなぁ~~これは言える)
・「いいね! 」の数を気にしない ほか
(これ気にしてると、アタマが痛くなったり、大腸に病が・・・)

第三章 依存しない
・子どもの学びの時間を奪わない
(学びは一番大事ですから・・・)
・忘れっぽい自分が嫌という気持ちを手放す
(悩み事はすべて手放せないからです。つまり手放せばいいんです)
・死後の希望を書いたらすべて手放す ほか
(手放せば、かなうようにできてるんですよね)

第四章 気にしない
・メールの大半はしばらく放っておく
(やべ~~おいらこれやってるな。返事もほとんど書けない。苦手なんです、書くという作業が)
・情にほだされない
(情はね、相手の情報、つまりエネももらうことなんです。だからおいらは情はない。慈悲だけです。だはは)
・一〇五歳で大往生された日野原重明先生の言葉
・人生、上りは必死でも、下りは穏やかに

・ひとを救おうと考えるのは傲慢です・・・・というのもある。

まさに、おいらは一番にこれを言いたいっす。救うことは出来ないんですよ。

矢作先生はさすがにすげ~~~な。

って、テレビの話だったのに。だはは
 

ゆきが・・・・

 投稿者:はんのき八木橋  投稿日:2019年 1月 8日(火)07時34分17秒
  本日、雪かきのため短めに。笑
きのう、実は夜遅くまで泡盛パーティーをやってました。
ひさびさ、寝坊助だった。

>頼んでた社長さんいわく、パッキャオ事務所公認なんで間違いなくホンモノです。

素敵な社長さんにもよろしくお伝えください。
やぁ~~~ホンモノはなぜか?エネが気持ちいいのです。これが不思議で・・・・。この世界でずっと遊ばせてもらってます。

>フィリピンに来られる際は、是非是非我が軍、我が部隊に(笑)遊びにいらして下さい。
私は昨年より関西代表調整師として参加してますので、北海道枠は是非(笑)!!


行きます!参加させていただきます。それこそいつでも声をおかけください。
エネのイザナイというかお誘いにも弱いおいらですが、もちろn甘い声やキャーキャーという歓声にも魅かれるおいらですので、どこでも行きます。フィリピンは好きだからなぁ~~。

ありがとうございます。

 

届いてホッとしました

 投稿者:大阪のエネ使い  投稿日:2019年 1月 7日(月)16時07分59秒
  パッキャオのサイン!!
無事に届いて、そして喜んで頂いて私も嬉しく思います!!

頼んでた社長さんいわく、
パッキャオ事務所公認なんで間違いなくホンモノです。


ハメドは当時、トリッキーさばかりが話題になりましたが、パッキャオ同様に勇気ある踏み込みが素晴らしいですよね。
具志堅や大場政夫もです。

私やってたんで、わかるんです。相手の距離に踏み込んで死角からくるフックやカウンターがどれぐらい恐怖なのかを。

八木橋先生!
フィリピンに来られる際は、是非是非我が軍、我が部隊に(笑)遊びにいらして下さい。

「お笑いウルトラクイズ」と「きんちゃんの仮装大賞」を混ぜ合わせた、アウティングに審査員として参加お待ちしてます(笑)


私は昨年より関西代表調整師として参加してますので、北海道枠は是非(笑)!!


https://m.youtube.com/watch?v=o2I_S2qCQtE
 

どうなん、でしょ!

 投稿者:はんのき八木橋  投稿日:2019年 1月 7日(月)14時01分18秒
  この奇跡のご案内も、きたぁ~~~!

 

お年玉、もらいましたか?あげましたか?

 投稿者:はんのき八木橋  投稿日:2019年 1月 7日(月)07時31分32秒
  おいらも、40歳を過ぎて(もう20年近く前ですが)、お年玉をもらえる年ではありませんが、子供の頃はお正月の楽しみと言えば、お年玉。
 そして、夜中に大騒ぎする「花札」と「ポン引き」だった。
我が家では、この花札も額に入って素敵な飾り物になってます。

そんなお年玉をもらうという楽しみもなくなったオジサンに、週末お年玉が届いた。
 大喜び過ぎてに、ありがとう!のお手紙も書かなかったので、こちらで返信を。笑

大きな額に入れて、デンと飾ることにしました。素敵なモノというかおいらは実は「神さま~~~」思ってるひとなんでさま~~~、もう、ありがとうの一言しか言えません。ほんとうにありがとうございます。めっちゃ嬉しいです。

年末、フロイド・メイウェザーと天心の1戦を観ながら、ある若者が「オジサンが見てきた中で、最強のボクサーは誰っすか?」と。

「ナジム・ハメドかなぁ~~~大好きなボクサーは。もちろん石垣島のカンムリワシ・具志堅もすんばらしい。具志堅さんのサインはエネも最高なんだよ・・・」と話してて、「そうだ、近いうちにオジサンが神だと思ってるパッキャオのサインも届くんだよ~~~」と話してたんです。

そのワカモノは「パッキャオはまたメイウェザーとやるかなぁ~~」と聞くので「間違いない、パッキャオは1月に防衛戦があるからそれが終わったら再戦の話が出てくるかも。きっと2人で1000億近くのギャラになるかも・・・すげ~~な」と話してたんです。

そんな大好きなパッキャオのサインが・・・パッキャオのサインは美術品と同じように贋作もいっぱいなんですが、もちろn届いたもんはろnホンモノというか、エネがもう最高です。

お年玉をもらうと、不思議なもんで、しあわせな気持ちになって、お年玉を上げたくなる。ということで今年一年かけて、皆さんにお年玉をあげまくります。はい今年の誓いです。笑

そうだ、中村信喬先生の年賀状も額に入れて飾ってます、しばし!

そろそろお正月を海外で過ごしてた方も帰国かな。お土産話、待ってます。




 

いち!に~!サン!だぁ~~

 投稿者:はんのき八木橋  投稿日:2019年 1月 4日(金)07時36分15秒
  今日がおいらは仕事始めの予定でしたが・・・すでにあそこが痛い、ここが痛いという電話やらメールが。

一年の初めは、まずは参拝です。そう神社に詣でて祝詞を。
そうすると、痛みが消えます、そんな秘密のタカラものが祝詞には宿ってるのです。

どうしてもそれが信じられない人は、雪が降るフル振るフルを観て、いや暑いところなら雨が降るフルふるふるを観て、ひと言二言「フルフルふるふる」と言ってみるんです。そして雨や雪の真似をしてみることです。

その時に、雨や雪そのモノをみるんじゃなく、何となく見るんです。これがコツです。笑

難しいけど、子供のように赤ちゃんのようにみるということ。「なんだろ?このふって来るものは?」っていう感じで。

ふるの言という祝詞があります。

「ふるべ ゆら ゆら と ふるべ」
『ひふみよいむなやここのたり ふるべ、ゆら ゆら と ふるべ』

これ伝わるところによると、「もし痛むところがあれば、この十種の宝を、
一(ひと)・二(ふた)・三(み)・四(よ)・五(いつ)
・六(むつ)・七(なな)・八(や)・九(ここの)・十(たり)と言ってふるわせよ。
ゆらゆらとふるわせよ。このようにすると・・・・」

コレがフルの言の起源らしいけど、そうかもしれん。

さて、実際には、どこをどうやるの?と質問が来そうなので。
一年の初めは、足元です。そう足の甲でも足の裏でもいいけど、そこのあたりをふるふるふるふるするんです。

足元を祓ってあげるのです。そのためというかそのハタラキを自動的にやるのに、参拝するんですよ。歩いて!

車じゃ、ハタラキがイマイチなんです。笑

すべて自動的なんです。すごいでしょ!参拝行きましたか?

そうだ、初夢はなんでしたか?
おいらは、とっても綺麗な川で魚釣りをしてる人に声を掛けて、見本を見せるという夢だった。
釣り上げた魚は、なんと「・・・・」だった。
この夢の意味するところは・・・・。笑

ということで今朝の1曲は。https://www.youtube.com/watch?time_continue=50&v=HXe2MJKhPZs

 

レンタル掲示板
/388