teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成

新着順:5/198 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ユリシーズ

 投稿者:ひぐち日誠  投稿日:2018年 2月28日(水)18時38分10秒
  通報 編集済
  山の主さん、こんばんは。
滋賀県に出張してまして。ご返事遅れてすみません。

ジョームス・ジョイス「ユリシーズ」は、確かに、難解ですね。
あの「意識の流れ」と言われている作家の中では、ジョイスは特に難しいですね。
「ユリシーズ」も、何回も読み返して、理解しようとしたのを覚えてます。
ジョイスは「フィネガンズ、ウエイク」が超難解なので、あれを読むと、
天才なのか、狂気の沙汰なのか、よくわかりません(笑)
同じ意識の流れの作家では、プルーストは好きです。
あと、ヴァージニア・ウルフは「ダロウェイ夫人」よりも、「灯台へ」のほうが好きです。

ところで、山の主さんは、日本の3大奇書をご存知ですか?
夢野久作 ドグラ・マグラ
中井英夫 虚無への供物
小栗虫太郎 黒死館殺人事件
の3冊です。
僕は、10代のころにこの3冊に触れ、黒死館以外は、楽しめました(笑)
その後、40代50代で、黒死館を再読してみましたが、理解はそれなりに深まりましたが、
面白さは、発見できませんでした。

基本的に、音楽、絵画、本 等の好みは10人十色。
それぞれに、好みが分かれるのは、必然ですね。
三大奇書では、ドグラ・マグラが一番好きです。

面白い、お勧めですと、やはり Jディーバー、Jグリシャム、トーマス、ハリス、
なんかは、鉄板ですね。
ミステリーがお好きのとこと。
ジョン・ディクスン・カーが、密室ミステリーでは、お勧めですかねぇ。
ウンベルト・エーコの「薔薇の名前」は、長いですが、好きな本です。
彼は、天才ですね!!!

また、何か思いつきましたら、ご通知いたします。
ではでは
 
 
》記事一覧表示

新着順:5/198 《前のページ | 次のページ》
/198