teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


ありがとうございます

 投稿者:でこすけ  投稿日:2007年 5月13日(日)22時04分33秒
  ありがとうございます<(_ _)>読んでいて涙が止まらなくなってしまいました。
彼はこの先生に出会うことができ、本当に良かったと思います。
今日は偶然にも『母の日』血のつながりだけじゃないですね。
 
 

縁を生かす

 投稿者:steinway  投稿日:2007年 5月13日(日)08時59分8秒
  [縁を生かす]

その先生が五年生の担任になった時、生徒の中で一人、服装が不潔でだらしなく、どうしても好きになれない少年がいた。
中間記録に先生は少年の悪いところばかりを記入するようになった。

ある時、少年の一年生からの記録が目にとまった。
「朗らかで、友達が好きで、人にも親切、勉強もよく出来、将来が楽しみ」とある。
「これは間違いだ。きっと他の子の記録に違いない」先生はそう思った。

ニ年生になると、「母親が病気で世話をしなければならず、時々遅刻する」と書かれていた。

三年生では「母親の病気が悪くなり、疲れていて、教室で居眠りする」後半の記録には「母親が死に、希望を失い、悲しんでいる」とありました。

四年生になると「父は生きる意欲を失い、アルコ―ル依存症となり、子供に暴力をふるう」

先生の胸に激しい痛みが走った。

駄目と決めつけていた子が、実は、突然深い悲しみをじっと胸に収め、必死になって生き抜いている生身の人間として、自分の前に立ち現れてきたのだ。
先生にとってまさに目を開かれた瞬間であった。

放課後、先生は少年に声をかけた。
「先生は夕方まで教室で仕事をするから、あなたも勉強していかない?わからないところは教えてあげるから」少年は初めて笑顔を見せた。

それから毎日、少年は教室の自分の机で予習復習を熱心に続けた。
授業で少年が初めて手を挙げたとき、先生に大きな喜びが沸き起こった。
少年は自信を持ち始めていた。

クリスマスの午後だった。
少年が小さな包みを先生の胸に押し付けてきた。
あとで開けてみると、香水の瓶だった。亡くなったお母さんが使っていたものに違いない。

先生はその一滴をつけ、夕暮れに少年の家を訪ねた。
雑然とした部屋で独りで本を読んでいた少年は、気がつくと飛んできて、先生の胸に顔を埋めて叫んだ。
「ああ、お母さんの匂い!今日はすてきなクリスマスだ」

六年生では先生は少年の担任ではなくなった。卒業の時、少年から一枚のカ―ドが届いた。「先生は僕のお母さんのようです。そして、今まで出逢った中で一番すばらしい先生でした。」

そして卒業後、六年経って、又カ―ドが届いた。
「明日は高校の卒業式です。僕は五年生で先生に担当してもらって、とても幸せでした。おかげで奨学金をもらって医学部に進学できます」

十年を経て、又カ―ドがきた。
そこには先生と出逢えたことへの感謝と、父親に叩かれた体験があるから、患者の痛みがわかる医者になれると記され、こう締めくくられていた。

「僕はよく五年生の時の先生を思い出します。あのまま駄目になってしまう僕を救って下さった先生を、神様のように感じます。大人になり、医者になった僕にとって最高の先生は、五年生の時に担任して下さった先生です」

そして一年経って、届いたカ―ドは結婚式の招待状だった。
「どうぞ、母の席に座って下さい。」と一行、書き添えられていた。

http://blogs.yahoo.co.jp/steinway_sons_d/

 

こんにちは♪

 投稿者:管理人。  投稿日:2005年 7月29日(金)23時29分0秒
  お久しぶりです。お元気ですか?
こちらのページをあんまりのぞかなくなってしまって…返事が遅くなりました。ごめんなさい。こっちはいつか、無くそうと思っています。
ブログの方に、遊びにいらして下さいね♪
書き込んで下さって、嬉しいです。文字化けしてることを謝らないで下さいね。
勝手に消してしまいました。お許し下さいね。
 

おひさしぶりです

 投稿者:じゅんこ  投稿日:2005年 7月26日(火)21時55分39秒
  おひさしぶりです、お元気ですか?あまりにひさしぶりすぎて覚えてないかな?偶然このHPをきょう知ってカキコしたら文字ばけしてしまいました。ごめんなさい。また遊びに来ていいかな?それではまたね。  

ありがとう。

 投稿者:管理人。  投稿日:2005年 4月24日(日)21時00分31秒
  カキコをありがとう。
自分の行ったことのない未開の地のことを詳しく書いて頂き、嬉しい限り。
ホテルのスタッフの方のタグ。面白いねぇ。意味はご存じだったのでしょうか?? 先日日本にきた有名人が「お元気で」と笑顔で言いながら登場したときにはビックリしたけれど、それに似てる。。。
日本の番組が見られるとは!_φ(^^) 英語圏で日本語聞けると安心する私は、きっとその番組を見るでしょうね。笑
日本食はなくてはならないもの。海外でも煮物が食べたくなるなる♪^^ もしブラジルに行けることになったら、リサーチされたものを教えて下さいませ。
一方通行という難題を乗り越えて?運転なさってきたのですねぇ。そしてそして。私にとっては最難題の速度規制!!爆笑 オービスお疲れ様…。

何はともあれ、無事に帰って来られて、本当によかったね。^^
 

ブラジル出張2

 投稿者:prost  投稿日:2005年 4月19日(火)23時24分51秒
  非常食は、経験者が「買っておいた方がいいよ。」とおっしゃったので買っただけ(笑)

通貨価値は大体日本の1/3、ブラジルにあるものはめちゃめちゃ安い、輸入品は高い、ってかんじデス。

ま、お仕事なのでキツイけどしゃーないっしょ?!
(時差ボケは抜けるのに1週間かかるんだよねぇ・・・)

では「日常生活編」

ホテルのお部屋
リビングにキッチンがついている「滞在型」ホテルです。
ちなみにこのTYPEは数が少なく、クリチバでは1件だけらしいです。
1フロアに8部屋、全ての部屋、設備はおなじですが、間取りや広さが微妙に違うそうです。
今回の私は14回の8号室=1408.
ちなみにブラジルではロビーは0階、ラウンジがその上、さらにそのうえからが客室で1階、2階・・・となっています。

リビングにはソファーが2つ、TV、エアコン、ダイニングテーブル&椅子2つ です。
キッチンには、流し、ガス2個、冷蔵庫がついてます。
寝室はベッドとライティングテーブル、衣装だな2つです。
贅沢を言えばきりが無いですが、まあ十分です。
(毎日メイドが掃除とベッドメイキングに来るので、私のマンションよりきれいです(^^;)
TVはNHKが写ります。日本の放送そのままではなくて、総合、教育、BSのごちゃ混ぜで、
ドラマは結構古いのをやってたりします。(日本じゃ見ないけど、向こうだと必ず見てしまう・・・)

フロントは英語も通じるSTAFFがいるので比較的安心。
面白いのは、STAFFの一人に若くてきれいなお姉さんがいるのですが、
このひとのネームタグが「sayonara」、出向者の人に聞いても理由不明。
このお姉さん、覚えが早くて1wぐらいで顔を覚えてくれて、
ホテルに帰り「ボアタルデ=こんにちわ」と声をかけるだけで、ルームNO.言わなくてもキーが出てきました。

朝食
ホテルのレストランで毎日食べられます。
(ルームチャージに含まれているので、遠慮なし)
食べ放題のバイキングです。
パン(日本の食パンはないです。コッペパンとかフランスパン、全部ミニサイズですが。あとドーナツやシュークリームもあります)

スクランブルエッグ、ハム(少し塩からい)、
フルーツ(パパイヤ、パイナップル、すいか、メロン)
飲み物(コーヒー、紅茶、ミルク、フルーツジュース、ヨーグルト)
です。
比較的健康的ですが、サラダが無いのがちとおしい。
贅沢ですが、変化が無いので1週間で飽きます。(ミゾ汁飲みたい)

昼食
会社の食堂はR$5.55=約¥200で食べ放題のバイキングです。
(ブラジルの通貨はレアルでR$で表示します。1R$=¥40ぐらいです。)
メニューは、パンにご飯(向こうは油でいためてから炊くのでパラパラです。)に
スープ(ホワイトシチューの薄味版?)
黒豆の煮物(私はこれが口に合わない。)
肉料理2種(塩からいことが多いですが、だいたいおいしい。butたまにはずれあり。)
サラダ、(ドレッシングは5種類ぐらいありますが、バルサミコと醤油の混合が結構いけます。)
デザート(ゼリーとバナナかオレンジ、すいか。ゼリーははずれあり。バナナ、オレンジはおいしい。)
ドリンク(コーラやファンタ、ガラナなど。)
注意しないとお腹一杯になってしますので、食べきれない場合は残します。

晩御飯
自炊派と外食派に分かれますが、外食派は大体日本食レストランへ。
出向者のリサーチで、日本の味に忠実なお店に行きます。
定食でも食べきれないほどのボリュームですが、バイキングもあります。
きんぴらごぼうや焼きナスがおいしく、カレーが用意してあるあたり、日本人の好みを良く知ってます。
(大体経営者が日本人)

洗濯
ランドリーSHOPもあるのですが、1籠R$20なので、
着替えをたくさん持っている出向者でないとメリットが出ません。
私は大きめの洗面器を買って、シャワーを浴びながら、ふみ洗いしています(笑)
問題は2つ。
1)生地の厚い長袖はすすぎ、絞りが大変。乾きも悪いし。
2)スラックスは折り目が消えるので、やむなくランドリーサービスへ。一回R$6.50 悪くないです。

通勤
最初1Wは免許の手続きのため、ディレクターの車に同乗させていただいていましたが、
免許がきたら、ディレクターが実地教習。
ホテルと会社を1往復しました。これで免許合格。翌日からクルマを貸与されて自力出社です。
初めての左ハンドルに大きなタイヤのピックアップトラック(テラノの後ろがトラックになってるやつ)なので、
自分の車の感覚でカーブを曲がると、横転しそうでとても怖いです。
また、ブラジル(クリティバ)は一方通行が多いので、行きと帰りで道を変えないといけないので、
覚えるのが大変です。
また、速度規制も厳しくて、オービスは表示速度ピッタシで作動、しかも後方追尾式なので確実にやられます。
しかし、表示がかならずしてある(日本のようなだまし討ちは無い)ので、普通に走っていればまず大丈夫。
それ以外のところでは、かなり飛ばし屋が多いので、怖いです。
 

さんきゅう♪

 投稿者:管理人。  投稿日:2005年 4月17日(日)17時31分27秒
  36時間という時差、いかが?
ビジネスに乗ったことない…まずそれが羨ましく思いました。^^
そうそう私もベルトで「キンコン」とひっかかったことがあります。と共感したり。
何度も乗り換えるご苦労を察したり。
ブラジルにスーパーがあることにちょいと驚いたり。
非常食を買うところなど慣れを感じ、日本食があることに安心したり。親子丼が440円って!!安いのに結構いけるお味。ふむ。ブラジル恐るべし。
なかなか海外に一歩踏み出せないのだけれど、気合いを入れるとブラジルもよさそうなところなのかもしれない…と思った。
お仕事とはいえ、ブラジルへ何度も足を運ぶpro2にはある意味尊敬します。
言葉や食べ物をついつい心配してしまう私だけれど、そのあたりはいかがですか?
 

ブラジル出張

 投稿者:prost  投稿日:2005年 4月14日(木)15時51分25秒
  まずはブラジルまで編

1・13
出張旅費で落とせるので、スーツケースを宅配業者へお願いする。

1・14
まずは成田エクスプレスを予約してあるので横浜へ。
手荷物はアタッシュケースとPCバッグ。
PCは会社のものと個人のもの、計2台なので重い(T_T)
会社のPCがダサすぎるんだよなぁ(毒)

成田エクスプレスで成田空港着。
快適な2時間だった。
カウンターでスーツケースを受け取り、同行の現場の方との待ち合わせの場所へ。

ア○○○ン航空(以下AA)のカウンターへ。
スーツケースのX線検査で金属類が多いのでひっかかる。(苦笑)
あけて係員にいろいろ聞かれる。全部製図道具。「仕事用です。」
ビジネスのカウンターは2組まち。

5分待った。
E-TiketなのでE-mailとパスポートを出すと、
「機材が変更になり、NY便のビジネスの席がなくなってしまいましたので、
トランジットのお客様はダラス便に変更をお願いしております。」とのこと。
思わず目が点。
だって、ダラス便が満席で取れないから、NY便にしたはずなのに!
なんちゅーいいかげんな!と心の中で思いつつ、「はい、それで。」とにこやかに。(大人になったねぇ)

とにかくチェックインできたので、AAのラウンジで時間つぶしをすることに。
(ビジネス・クラスっていいね)

登場開始5分前、カウンターは乗客でごったがえし。
しかし、まずファーストの乗客から登場開始(いいなぁ)
次にビジネスの登場開始、パスポートと航空券を提示しゆうゆう載り込む。(優越感に浸る)
席につくと荷物を棚にしまいこむまもなく、スッチーから「どうぞ」と水、オレンジジュース、シャンパンの載ったお盆を出される。

席に座ると、やっぱり「広い」、ベルトを締めると、前の席のラックの自分の機内誌に手が届きません。(笑)
しばらくすると、エコノミーの登場開始。10時間以上エコノミー・・・大変。

飛び立ち水平飛行にはいると、ドリンク、つづいてディナーへ。
まずメニューが配られる。(エコノミーにはメニューなんてないから、やっぱ扱い違う・・・)
ワインとメインディッシュを選ぶ。(英語でよければメニューも持ち帰ってきたので送りますよ)
もちろんワインも飲み放題。
向こうの食事に慣れておくためにも、洋風の肉料理と赤ワインを選択。
ちなみにこのお肉、プラスチックのナイフでサクッと切れました。(@@;)やわらかぁ~

最初、席には音楽を聞くためのショボイ ヘッドフォンがおいてありましたが、
ビジネスの配置はちょうど翼の付け根、エンジン音が結構うるさく聞きづらい。
しばらくすると、スッチーがBOSEの密閉TYPEの高級ヘッドフォンを配り始めました。
これに変えたら、エンジン音がカットされて快適。
各シートに液晶TVが配置されているので、MAP表示に切り替えて飛行中の現在位置を表示(って太平洋を延々と・・・)
寝る    しかしやっぱりエンジン音がうるさくって眠れない。(>_<)
あきらめて目をつぶる。(あとで気づいたのだが、ビジネスのキットの中に耳栓が入ってました。これをつけたら実はエンジン音がほとんどカットできました。残念。ビジネスなんて始めての貧乏斬り、切腹:爆)

寝る前にミネラルウォーターのペットボトルが配られました。
これって、「機内が乾燥してのどが渇いたら、スッチー・コールしないでこれ飲みなさいね、私たち休憩するから。」ってことらしい?!

うとうとしつつ数時間、飛行機はようやくLAあたりへ。
再びドリンクと朝食が配られる。
フルーツがおいしかった。

アメリカ上空の飛行が続く。とっても長く感じる。
ようやくTVにダラス、フォートワース空港の表示が。(ロングレンジモード)
到着予定時間まであと2時間、長い。

ダラス着陸。でかい飛行場です。
荷物の受取所まで延々歩く。荷物を次の便に預け入国審査(トランジットでも一旦アメリカに入国するのです)
指紋を両手スキャンされる。顔写真もデジカメで。
そして手荷物検査へ。
9・11のテロ以来、アメリカの手荷物検査はとても厳しくなりました。
まずPCはかばんから取り出して、靴も脱ぐように指示される。
ポケットの中身も出しましたが、「キンコン」引っかかりました(^^;
横の跳ねられて、金属探知機で全身チェック。
わきの下(汗?)に反応。(センサーの感度高すぎるんじゃないの?)
結局ベルトのバックルがセンサーに引っかかっていて、無罪放免。
ここでもうばてばて。
時間が4時間ほどあるので、AAのラウンジへ。
シャワーを浴びて生き返る。
ソフトドリンクがやけにおいしかった。

登場1時間前、ゲート前に。サンパウロ便です。
免税店は興味ないのでパス。(行きに買うもの無いし、これ以上荷物増やしても持てない)
海外ではよくゲートが変更されるので、再三チェック。
サンパウロ便はファーストが無いので、ビジネスから。
ゆうゆう搭乗。
なんかおんぼろな感じ・・・
しかしシートの感じはダラス便よりかえってよかった。
またまたワインとお食事。
今度は爆睡(笑)6時間ほど寝ました。
起きてすぐ朝食をたべ、朝日が差し込んでくるとサンパウロでした。
(サンパウロ便は個人TVが無いので時計だけが頼りでした。)

サンパウロ到着。
入国審査。あっさり。
荷物をピックアップ。既に大汗。サンパウロは真夏です。
カシミアのセーターに長袖のYシャツでは厚すぎます。
セーターは脱いで、袖まくり。でも汗だらだら。
国内線のカウンターへ。チェックイン。
国内線はエコノミーなのでラウンジがつかえません。
ダイ○ース(会社で出張用に持たされるクレジットカードです)のラウンジがあると聞いていたのでそこへ。
航空会社に比べるとショボイ、ラウンジでしたが、休憩にはなりました。

搭乗45分前、ゲート前に移動。
「どーせ遅れるよ」と経験者が語る。
しばらく待って搭乗。
狭い。1時間の我慢。
ジュースとサンドイッチが配られる。
ここは既にブラジル、ポルトガル語(以下ポル語)でないとジュースももらえない。
オレンジはポル語で「ラランジャ」、事前勉強しておいて良かった。

1時間後、クリティバ空港着。
荷物をピックアップして外へ。
ホテルからお迎えがきていたので助かった。

ホテル着、チェックイン。
出向者のディレクターにメッセージ「無事到着いたしました」を残す。

1時間後ロビーにて現場の方と待ち合わせ。
当座の必要物資(水とか)の買出し。
現場の方はブラジルが3回目なので頼りになる。
歩いて5分のスーパーへ。

水とお菓子、パン(非常食です)等を買う。
ホテルに戻ると、ディレクターより伝言が。
「お疲れ様でした。晩御飯を一緒に食べましょう。19:00ロビーにて」とのこと。

19:00ロビー のはずが部屋で眠っていました。
電話で起こされ、恐縮しつつロビーへ。
ディレクター以下日本人出向者の方が3名いらしていました。
歩いて5分の日本食レストランへ。
時差ぼけのため、ビールは遠慮。2日ぶりの日本食。結構いける。
(この店は、味もまあまあ、歩いて5分と好条件)
親子丼がR$11(=¥440)
いろいろお話を伺い、
(今夜は寝れるけど、明日以降時差ぼけが抜けるまで寝れないのでがんばってください、といわれた。
このときは分からなかったが、その後1週間、身を持って体験することに・・・)
出向者の方に日曜、スーパーへクルマで買出しにご一緒させてもらえることに。
助かる。
水や生活物資を買い込まなくては・・・。

部屋へ。
シャワーを浴びて(バスタブがありません。ガラスの壁があるだけです。)
着替えて、ベッドへ(なぜかダブル、ま相当寝相が悪くても落っこちないからいいか:笑)
22:00ごろ眠る。
長いながーい移動だった。疲れた。
 

いらっしゃいませ!!

 投稿者:管理人。  投稿日:2005年 2月21日(月)06時57分18秒
  >KS様
初めまして。HPを拝見致しました。動画や画像から、生徒さん達の様子が見受けられました。落ち着いている学校なのでしょう。
BBSにでも足跡を残そうと思いましたが、自分はふさわしくないような気がして、やめてしまいました…。^^;
またおいで下さいませ。
 

こんにちは!

 投稿者:KS  投稿日:2005年 2月19日(土)22時55分58秒
  こんにちは!中学校のHPを運営しているKSと申します。

自分が運営しているHP(中学校)です。
英語の曲のページもあります。一度来てください。http://www.geocities.jp/sa80305/
 

レンタル掲示板
/10