投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


21日に札幌で「正論」友の会講演会

 投稿者:広報マン  投稿日:2017年 3月16日(木)14時28分50秒
返信・引用
  連絡先は産経新聞札幌支局。?011-241-3341
 

鎮魂~東京大空襲

 投稿者:愛国主義者  投稿日:2017年 3月10日(金)22時11分0秒
返信・引用
  誰かが声を上げないと忘れてしまう重要な日。
それが3月10日、東京大空襲のあった日である。

明日は東日本大震災から6年目を向かえるが、
片方は天災であり、もう片方は人為的な戦争犯罪である

東京大空襲でなくなった人は10万余人。戦争といえば
いつも原爆と沖縄だけを取り上げるが、カレンダーを見ても
東京大空襲の日と、記載してあるものは皆無なのではないか?

東京をはじめとする都市空爆を、殆どの
マスコミは取り上げないのは何故なのだろうか?
それこそ、近年の米軍による誤爆はやたらに取り上げるくせに。

米国の残忍さを改めて知るべし。鬼畜米英は正しかった。
そして鬼畜ルメイも忘れてはならない。さらに近年、米国はこの大空襲時に
<毒ガス>の散布まで検討していた。ナチのホロコーストなど非難できた
立場ではなかろう。

日頃は米国を批判する各マスコミ、なぜか空襲だけは見て見ぬふり。
取り上げたとしても、責任の矛先がなぜか日本政府に・・・・
 

Re: そんなにチャーチルがお好き?

 投稿者:毘沙門  投稿日:2017年 2月26日(日)17時52分38秒
返信・引用
  モト冬木様へのお返事です。

> ドーシン2月24日多苦情四季。「チャ-チルの慧眼」と題して宇宙の生命の可能性について言及している事実に着目して褒めたたえている。
> http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/opinion/season/2-0110179-s.html
>
> だが、このチャーチルは対独戦で不利になると米国の参戦を画策し、鎧袖一触と〝未開な日本〟と侮り新鋭のプリンスオブウエールズ、レパルスを東洋に派遣し日本海軍にマレー沖で撃沈された恨みかどうか、ヤルタの密約で一役買い、いまの北方領土の端緒にかかわり、戦後の日本にはきわめて冷淡であった。とても賞揚する気にはなれない、それが日本人だと思うのだが。

 連日、日本のマスコミがトランプ攻撃を繰り返しているが、現在の米国の「民主主義」の結果として
 選ばれたことを全く度外視してのトランプ攻撃。実に見苦しい。新聞だけではなく、ラジオも繰り返し
 陰に陽にサブミナル効果を狙ってかトランプ攻撃を続けている。道新とはもう20年近く縁を切ったが、
 道新がこよなく愛する「民主主義」をチャーチルは「最悪の政治形態」と断言していることを忘れない
 でほしい。チャーチルまで利用して・・・・情けない。


 

そんなにチャーチルがお好き?

 投稿者:モト冬木  投稿日:2017年 2月25日(土)20時47分32秒
返信・引用
  ドーシン2月24日多苦情四季。「チャ-チルの慧眼」と題して宇宙の生命の可能性について言及している事実に着目して褒めたたえている。
http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/opinion/season/2-0110179-s.html

だが、このチャーチルは対独戦で不利になると米国の参戦を画策し、鎧袖一触と〝未開な日本〟と侮り新鋭のプリンスオブウエールズ、レパルスを東洋に派遣し日本海軍にマレー沖で撃沈された恨みかどうか、ヤルタの密約で一役買い、いまの北方領土の端緒にかかわり、戦後の日本にはきわめて冷淡であった。とても賞揚する気にはなれない、それが日本人だと思うのだが。
 

Re: Oh! その手があったのか!

 投稿者:KY  投稿日:2017年 2月25日(土)00時23分22秒
返信・引用
  > No.6430[元記事へ]

的場 光昭様へのお返事です。

> 「アイヌを先住民族とみとめれば北方領土交渉が有利になる」と鈴木宗男元衆議院外務委員長と今津寛元防衛庁副長官が進めたのが〝アイヌ先住民族国会決議〟でした。
> 当時、外交など全く分からない私は、千島アイヌは択捉までロシア正教を信じ、樺太千島交換条約でロシア側に引き取られてコサックの奴隷になっていると指摘しました。
> ロシアはその後アイヌ系住民の戸籍調査をして、択捉のインフラ整備をはじめました。
> 外交が全く分からない私は、てっきり鈴木・今津両氏のおかげで択捉返還は絶望的になったと思っていました。
> 昨年末の安倍―プーチン会談に先立って、HTBの番組で鈴木・今津両氏が出演し、鈴木氏が今津氏を差し置いてこの問題に対する自民党の代表のような口ぶりで二島返還を匂わせる発言をしていました。たしかまずは二島返還でというように記憶しています。
> 政治が全く分からない私は、この会談の仕掛け人はどうやら鈴木氏と今津氏だなと思いました。つまり今津氏を介して鈴木氏が北方領土交渉をネタに安倍政権に近づき、民主党比例で当選した鈴木氏の娘貴子衆議院議員を自民党に引き入れる約束を取り付けたのだと思いました。選挙区で落選・比例復活を続けている今津氏にとっても次の選挙で落選すれば後がないので鈴木氏の力をぜひ借りたいという思いで一致したのだろうという、ゲスの勘繰りをしていました。
> 今回の会談結果は、外交音痴の私にとっては、北方四島のロシア主権の追認と3千億円経済支援のただ取りとしか思えませんでした。
> ところが、一昨日のこのニュース!


>
> 〝ロシアのショイグ国防相が22日、北方領土と千島列島に2017年中にロシア軍の新しい師団を配置する考えを発表した。下院での報告で「我々はクリル(北方領土と千島列島のロシアでの呼称)防衛のための活発な作業を行っている。師団の配置を進め、今年中に完了する」と述べた。
>  ロシア軍の師団は5千人から2万人程度の規模とされる。今回の発表で、ロシア軍が千島列島と北方領土を一体として、長期的に軍の拠点にする考えであることがはっきりしてきた。〟
>
> 元衆議院外務委員長と元防衛庁副長官の深謀遠慮にはさすがと、外交そして防衛音痴の私は頭が下がりました。
> 両氏は日本国の北方領土防衛を在日米軍駐留費用負担額の半年分にも満たない3千億円という破格の値段で向こうしばらくの間ロシアに請け負わせようというお考えだったのです。
> 沖縄尖閣は米軍に、北方領土はロシア軍に守ってもらおうという大胆な発想にただただ感服いたしました。
> このご両人こそは真の愛国者であると、いまになってしみじみ・・・・。
> アイヌ以来、両氏に関する一連の問題で私の発言が多くの方々に大きな誤解を与えたことを慎んでお詫び申し上げます。
>
> http://www.asahi.com/articles/ASK2Q6KGBK2QUHBI032.html
>
>
>
 果たして手放しで評価していいのでしょうか?
 

Oh! その手があったのか!

 投稿者:的場 光昭メール  投稿日:2017年 2月24日(金)08時06分47秒
返信・引用
  「アイヌを先住民族とみとめれば北方領土交渉が有利になる」と鈴木宗男元衆議院外務委員長と今津寛元防衛庁副長官が進めたのが〝アイヌ先住民族国会決議〟でした。
当時、外交など全く分からない私は、千島アイヌは択捉までロシア正教を信じ、樺太千島交換条約でロシア側に引き取られてコサックの奴隷になっていると指摘しました。
ロシアはその後アイヌ系住民の戸籍調査をして、択捉のインフラ整備をはじめました。
外交が全く分からない私は、てっきり鈴木・今津両氏のおかげで択捉返還は絶望的になったと思っていました。
昨年末の安倍―プーチン会談に先立って、HTBの番組で鈴木・今津両氏が出演し、鈴木氏が今津氏を差し置いてこの問題に対する自民党の代表のような口ぶりで二島返還を匂わせる発言をしていました。たしかまずは二島返還でというように記憶しています。
政治が全く分からない私は、この会談の仕掛け人はどうやら鈴木氏と今津氏だなと思いました。つまり今津氏を介して鈴木氏が北方領土交渉をネタに安倍政権に近づき、民主党比例で当選した鈴木氏の娘貴子衆議院議員を自民党に引き入れる約束を取り付けたのだと思いました。選挙区で落選・比例復活を続けている今津氏にとっても次の選挙で落選すれば後がないので鈴木氏の力をぜひ借りたいという思いで一致したのだろうという、ゲスの勘繰りをしていました。
今回の会談結果は、外交音痴の私にとっては、北方四島のロシア主権の追認と3千億円経済支援のただ取りとしか思えませんでした。
ところが、一昨日のこのニュース!

〝ロシアのショイグ国防相が22日、北方領土と千島列島に2017年中にロシア軍の新しい師団を配置する考えを発表した。下院での報告で「我々はクリル(北方領土と千島列島のロシアでの呼称)防衛のための活発な作業を行っている。師団の配置を進め、今年中に完了する」と述べた。
 ロシア軍の師団は5千人から2万人程度の規模とされる。今回の発表で、ロシア軍が千島列島と北方領土を一体として、長期的に軍の拠点にする考えであることがはっきりしてきた。〟

元衆議院外務委員長と元防衛庁副長官の深謀遠慮にはさすがと、外交そして防衛音痴の私は頭が下がりました。
両氏は日本国の北方領土防衛を在日米軍駐留費用負担額の半年分にも満たない3千億円という破格の値段で向こうしばらくの間ロシアに請け負わせようというお考えだったのです。
沖縄尖閣は米軍に、北方領土はロシア軍に守ってもらおうという大胆な発想にただただ感服いたしました。
このご両人こそは真の愛国者であると、いまになってしみじみ・・・・。
アイヌ以来、両氏に関する一連の問題で私の発言が多くの方々に大きな誤解を与えたことを慎んでお詫び申し上げます。

http://www.asahi.com/articles/ASK2Q6KGBK2QUHBI032.html


 

ドーシン2月19日社説「慰安婦像問題 大使不在いつまで続く」に驚いた。

 投稿者:モト冬木  投稿日:2017年 2月19日(日)10時59分58秒
返信・引用
  http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/opinion/editorial/2-0109309.html

 「岸田文雄外相と韓国の尹炳世外相がドイツで会談し、岸田氏は釜山の日本総領事館前にある従軍慰安婦少女像の撤去を求めた。」、そして「尹氏は「可能な限り最大限の努力を行っていく」と表明した。」。」とここまではいいだろう。

 だが「日本政府が年明けに対抗措置として長嶺安政駐韓大使らを一時帰国させてから1カ月以上がたつ。」といい「この間、北朝鮮の弾道ミサイル発射や、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長の異母兄の金正男(キムジョンナム)氏殺害事件があった。」ので「日韓が結束して対処するために、大使不在の不正常な状態は早く解消する必要がある。」という。

 さらに「日本政府も韓国側の出方待ちの姿勢でいいのだろうか。」と疑問を投げかける。そうして「情報収集は大使の重要な任務」なので「帰任を検討すべき時だ。」と断じている。

 日本の措置を「振り上げた拳はまだ下ろせないという考え」と邪推。「外相会談は韓国側が申し入れ、少なくとも事態打開に努める姿勢は伝えてきた」のでこれ以上「少女像撤去に向けた韓国側の責任を指摘するだけでは、韓国世論をさらに硬化させる。」と韓国側への配慮を促している。いったいどこの国の新聞なのだろう。

 そして「「全ての元慰安婦の名誉と尊厳を回復し、心の傷を癒やす」のが日韓合意の最大の目的」「その趣旨が韓国社会にまだ受け入れられていない事実は日本政府も正視し、理解が得られるよう韓国政府と知恵を絞るべきだ。そこで大使が果たす役割は大きい。」と結言している。

 だけれども、韓国社会にその趣旨を受け入れるような責任はすでに韓国政府側にあり、わが国日本がともに知恵を絞る義務も責任もない。かの国に手を差し伸べることは、わが国が日韓合意の(不可逆的なという)趣旨を曲げて韓国に対して態度を軟化させているという印象を世界に与えかねないのではないか。

 ドーシンは言葉を濁してはいるけれど、日韓合意の趣旨などいいから韓国に対して折れて早く大使を帰任させてしまえ、ということなのだろう。そんなに韓国の内情を忖度するのなら北海道から出て韓国にでも本社を移せばいいと思う。
 

左翼市長の置き土産。さえない札幌雪まつり

 投稿者:北の旅人  投稿日:2017年 2月12日(日)14時55分49秒
返信・引用
  何年かぶりで札幌雪まつりを見てきたが、大雪像が3,4基しかなく、まったく見栄えがしなかった。食べ物屋ばかりが目についた。

これでは道外や海外からやってきた観光客に失望を与えるだけだろう。時計台に並ぶ「札幌二大がっかり」になりかねない。いずれ観光客にも見放されるだろう。

これも旧社会党系で自衛隊違憲論の前札幌市長の「功績」か。自衛隊が去り、どうでもいい市民雪像が隆盛となった。やっぱり左翼はろくなことをしない。
 

国内方と国際法の区別理解しています。?

 投稿者:北の土竜  投稿日:2017年 2月 6日(月)22時48分44秒
返信・引用
  国内法=強制法 自力救済は認められない

国際法=合意法 自力救済しかない

不当な圧力に対しての対応は、自力救済しかないのが国際間のルール

つまり、紛争(実質、戦争ですが)することは自力救済の具現であり、

自然権の一つの発動です。

国際司法裁判所の判決で従うことがなかっても、従わなかった国に対して誰がどのように罰則を加えることができますか?

それは
当事者でしかありません。が、提訴する国の軍事力は大体というか当然小さい。

だから普通泣き寝入りになる。

ということは、国家間では泣き寝入りする方がダメなどうでもいい国になるんです。

だから、異形な国のまともでない行動には、周りの小国は合従して対抗しなければならないんです。

貿易がどうのこうので、連衡してはいけない。

あっ、悪いけど現在の日本は、第一次世界大戦時の大国であった大日本帝国と比することがおこがましいほど、シアターです。

投稿しようとして、確認したら、JASJAP だって

いくらコードでも、JAPがてるコードは、今はやりのヘイトじゃね?

配慮をお願いしたいね。




 

道新も同じことを言い続けてきたなぁ

 投稿者:モト冬木  投稿日:2017年 2月 5日(日)16時10分41秒
返信・引用 編集済
  戦争する国になるぞ詐欺とはうまいことを言ったもんだ。

http://

 

無題

 投稿者:北の土竜  投稿日:2017年 2月 1日(水)22時05分19秒
返信・引用
  無題へ

あーあ、

無知、歴史の経緯を知らな過ぎる。歴史の断面を切り取り過ぎ。

戦争は、防衛を名目に始まる。
否、
主に中世欧州における戦争は王様のゲームである。
その前は、ローマ法王の命による異端の排除である。

戦争は、兵器産業に富をもたらす。
兵器技術をそのまま使って、お掃除ロボット作って、大活躍、奥様大満足です。

戦争はすぐに制御がきかなくなる。
はて、何を以て制御というのか?あまりにも抽象的な表現。

戦争は、始めるより終える方が難しい。
当たり前。
それが故、わが国では明治天皇陛下が、日清戦役、37・38戦役において何度も終わせ仕方を内閣に諮問していたのだ。
近くでは、英国におけるフォークランド紛争。

戦争は、兵士だけではなく、老人や子供に災いをもたらす。
なるほど、大日本帝国陸軍、大日本帝国海軍と対戦した敵国の方は、感謝の極みですな。

先ずは、大日本帝国海軍。
第1次大戦後の大英帝国海軍によると、対戦するなら大日本帝国海軍で、捕虜になるなら大日本帝国海軍。証左の一つがが大東亜戦争時の駆逐艦【雷】の件です。
それに付け加えるのであれば、第一次世界大戦で地中海で活躍した派遣艦隊。

次は、大日本帝国陸軍。
枚挙にいとまがない。
1.ソ連により痛めつけられたポーランドの要請を聞いて、幼子を救ったこと。ほかの大国は無  視していましたが、日本だけ救いの手を差し伸べました。
2.同盟国ドイツナチス施政であるユダヤ人迫害を無視してユダヤ人を救った、樋口将軍とその  上司の東条英機。その数2万人。センポより上。
3.ペーリュリュー島のこと。

それに対し、
沖縄戦にて上陸した米兵による女の人に対する強姦が激しく、そして、火炎放射器による無差別殺人からその難から逃れべく、軍隊を頼りとして軍隊と行動をももにしなければならないほど、米軍の、濾エ人、子供、女性に対する無差別犯罪は、確かに【老人と子供に災いをもたらす。】

精神は、操作の対象物ではない。
操作されるほど、無知か?まずは、勉強しなよ。
あなた任せという考え方が、おかしいと、啓蒙しないのかね。
それとも、私の意見が正しいよと言いたいの。それまさに操作です。

生命は、誰かの持ち物ではない。
自分の持ち物です。と言いえると解釈されると、自殺を正当化させるよ。思慮に欠けた言葉だ。

海は基地に押しつぶされてはならない。
押しつぶされる海の面積は?地球の7割は海、それを埋め立てる土砂はどこから持ってくるの?

空は、戦闘機の爆音に消されてはならない。
今の戦闘機は、ターボファンエンジンと規定してですが。ジェットエンジンだと目も当てられないので。
うーん。民間の旅客機と同じ騒音レベルなんだよね。
空気を圧縮して、その圧縮して高温となった空気に化石燃料を噴射する。となると燃焼のため体積がものすごい速度で膨張する。そのときの音を発して反動エネルギー発する。
意見の片手落ちだ。マスタベーションやめてね。

眠いから。お休み。










 

道新が取材を拒否された。当然かな

 投稿者:北の旅人  投稿日:2017年 2月 1日(水)19時12分57秒
返信・引用
  こんな報告が出ていました。
道新や朝日などの左翼偏向マスコミの取材に応じても、都合よくつまみ食いされて、貶められるだけ。取材拒否も一つの見識です。

「北海道聞から取材申し込み」
http://blog.livedoor.jp/soyokaze2009/archives/51879831.html
 

(無題)

 投稿者:タカ  投稿日:2017年 1月31日(火)00時47分38秒
返信・引用
  偽善  

Re: 受験生・受験生をもつご家族へ

 投稿者:北の旅人  投稿日:2017年 1月19日(木)12時00分36秒
返信・引用
  > No.6421[元記事へ]

的場光昭様へのお返事です。

センター試験の作成委員(大学教員?)が左派系ではない、とは初めて聞きました。中高の大半の歴史教科書同様、自虐史観の左派が関与し、問題も偏っていると思っていました。

朝日や道新を読むのは結構ですが、できれば図書館などで無償で読みましょう。あるいは、ネットでも社説なら全文読めます(ただし朝日は当日のみ)。私は両紙の不買運動を進めています。

ちなみに産経は道内でも購読可能です。皮肉なことに道新販売店に申し込めば配達してくれます。朝刊のみで配達は半日遅れとなりますが(月3034円)。

去年11月には、北海道「正論」友の会が設立されています。
http://www.sankei.com/politics/news/161125/plt1611250038-n1.html



 

受験生・受験生をもつご家族へ

 投稿者:的場光昭メール  投稿日:2017年 1月19日(木)07時05分28秒
返信・引用
  今から16年前、長男がセンター試験の社会で、政経・倫社を選択したのですが時間が余ったので一般社会も解答して提出したところ、こちらの方が満点で点数の高い方が採用されるのでよかったと言っていました。

どうしてそんなに!
と驚く私に、
〝いや別に、朝日と道新に書いてあることと反対のこと答えただけ。迷ったときは産経の記事思い出せば全問正解、簡単なもんだったよ〟

今も一般社会がセンター試験の選択科目としてあるかどうか知りませんが、受験生の皆さんはぜひ毎朝少し早めに起きて産経新聞に目を通すことをお勧めします。
できれば、迷ったときに反対のことを書くために朝日や道新もさらっと目を通しておいたほうがよいかもしれません。こちらは学校の図書館で済ませましょう。
http://www.sankei.com/premium/news/170119/prm1701190005-n3.html
 

Re: 一面トップに大嘘書いてどうするの?

 投稿者:ららら  投稿日:2017年 1月17日(火)08時56分30秒
返信・引用
  > No.5841[元記事へ]

的場光昭様へのお返事です。

> 8月4日朝刊、一面トップ。
> 8月だというのに毎年恒例の支那や半島との共同戦線を組んだ反日キャンペーンが始まらないので安心していたのですが・・・・。
> 今度はアイヌを使っての反日大嘘キャンペーンです。
> 一面の大見出し“今こそアイヌ語”さらに二面4段ぶち抜き。
> アイヌ語が滅んだ理由を「こうした事態に陥った背景に、アイヌ民族にアイヌ語を禁じ、継承を嫌うようにさせてきた、かつての差別・同化政策がある。この点で、アイヌ語復興に果たす政府の責任は重大だ」、と大嘘を並べています。
> 拙著『アイヌ先住民族 その真実』や『アイヌ先住民族 その不都合な真実20』にも詳述していますが、松前藩・幕府・明治政府のいずれもアイヌ語を禁じたことはありませんでした。
> 松前藩はアイヌが日本語を話すことを禁じ、服装なども和風を禁じました。これによってアイヌ語やアイヌ文化が守られました。
> 江戸幕府直轄時代は希望する者には和風の服装や髷を許し、日本語を話すことを許しました。これによって、文字のないアイヌの中にも読み書きができる者も現れました。さらに松前藩時代に和人との交易で現在の価値に換算して数億円規模ともいわれる莫大な富を蓄えた酋長が多くの妾を独占して若者に結婚の機会が与えられないことがアイヌの人口減少の原因だと判断して、酋長がもつ妾の数を三人までに制限しました。
> 明治政府がアイヌに禁じたことは、女児に施された刺青だけです。
> アイヌ語を禁じたことは一度もありません。
> さらに、アイヌを嫌うようにさせたのではありません。当時の記録にも、アイヌ女はアイヌ男をバカにして和人と結婚したがり、少しましな生活ができるようになった男はアイヌ女を嫌って和人の女を求める、とあります。誰とは書きませんが、アイヌ学者や運動に熱心な酋長の家系なども和人の女を娶り続けています。
> 繰り返します。文字もなく、風呂にも入らず、顔や腕に刺青をして、酒好きで、体には虫がたかっていた不潔なアイヌ(イザベラ・バード)を嫌ったのはアイヌ自身だったのです。
> 文字を持つ文化と文字をもたない文化が接するとき、文字を持たない文化は消滅するのが歴史の法則です。
> なんでも他者のせいにして、補助をむしりとり自助努力を怠る態度では、決して自分たちの文化は継承されないでしょう。
>  それが、“アイヌ文化”だと言われてしまえば、それまでですが・・・・。
>  読者からご指摘がありましたので、一応、反論しておきます。
>  ちなみに、私のもとへは道新さんの拙著の広告禁止措置が解除されたという知らせはまだ届いておりません。



今、アイヌに関するいろんな記事を見ていますが何が本当で、何が嘘かわかりません。
正直、昔学校の授業で習ったアイヌに関する政策を見ても、それがアイヌの人にとって良かったのか悪かったのかわかりません。
しかし、アイヌの人たちが日本人として組み込まれるのを集団で抵抗したという話は聞きません。
ということは、アイヌの部族としてのアイデンティティーは元から薄かったんじゃないだろうかと、思います。
 

今津さん、宗男さんは子の記事見てどう思うのかな?

 投稿者:的場 光昭メール  投稿日:2017年 1月16日(月)06時30分20秒
返信・引用
  北海道新聞(H29.1.13夕刊)
このごろアイヌに関しては少しまともな記事を載せてくれるようになりました。
越田賢一郎(公益財団法人北海道埋蔵文化財センター理事長)氏の記事が掲載されていました。
記事中に、
〝縄文土器以来1万年以上の歴史をもつ土器の終焉をメルクマール(指標)にして、擦文文化期とアイヌ文化期を区別している〟
とはっきりと記載されています。
さらに続けて、
〝アイヌ文化期には、擦文文化期の本州との交易を発展させ、一方で、オホーツク文化を引き継いで、サハリンを通してアムール川下流域の少数民族との交易を継続させていた。両文化を引き継ぐ形で獲得した交易品を使用し、北海道の豊かな自然環境の中で、アイヌ文化が展開していくことになる〟
至極真っ当な見解がしめされています。

要点をまとめると、
*擦文文化期(~13世紀)とアイヌ文化期(13世紀~)は土器の終焉で区分される。
*アイヌ文化はオホーツク文化(~12,3世紀)を引き継ぎ、やがて擦文文化をも引き継いだ。

さてそこで国会決議を振り返ってみましょう。
平成二十年六月六日衆参両院において全会一致で可決されました。全文は次の通りです。
アイヌ民族を先住民族とすることを求める決議
昨年九月、国連において「先住民族の権利に関する国際連合宣言」が、我が国も賛成する中で採択された。これはアイヌ民族の長年の悲願を映したものであり、同時に、その趣旨を体して具体的な行動をとることが、国連人権条約監視機関から我が国に求められている。
我が国が近代化する過程において、多数のアイヌの人々が、法的には等しく国民でありながらも差別され、貧窮を余儀なくされたという歴史的事実を、私たちは厳粛に受け止めなければならない。
全ての先住民族が、名誉と尊厳を保持し、その文化と誇りを次世代に継承していくことは、国際社会の潮流であり、また、こうした国際的な価値観を共有することは、我が国が二十一世紀の国際社会をリードしていくためにも不可欠である。
特に、本年七月に、環境サミットとも言われるG8サミットが、自然との共生を根幹とするアイヌ民族先住の地、北海道で開催されることは、誠に意義深い。
政府はこれを機に次の施策を早急に講じるべきである。
一  政府は、「先住民族の権利に関する国際連合宣言」を踏まえ、
    アイヌの人々を日本列島北部周辺、とりわけ北海道に先住し、独自の言語、宗教や文化の独自性を有する先住民族と認めること。
二  政府は、「先住民族の権利に関する国際連合宣言」が採択されたことを機に、同宣言における関連条項を参照しつつ、高いレベルで有識者の意見を聞きながら、これまでのアイヌ政策を推進し、総合的な施策の確立に取組むこと。
右決議する。

 いかがでしょうか?
 国会決議の内容はまったく学問的事実を無視したものであることが一目瞭然でしょう。
しかも、12世紀には道南ちほうには多くの和人がすでに移住して神社まで建立していたのです。記録に残る北海道最古の神社は函館の船霊神社(1135年)です。
 

10年前の多苦情四季

 投稿者:モト冬木  投稿日:2017年 1月14日(土)09時31分26秒
返信・引用
  2007年6月28日多苦情四季。まだ朝日新聞が強制連行ねつ造を認めていないころ、ドーシンは
さっさと認めて謝ってしまえといっています。それがいかに愚かしいことだったか、歴史が証明して
います。



下院決議(6月28日)
国会では「官憲による強制連行的なものがあったということを証明する証言はない」と強気に出
る。訪米すれば「辛酸をなめた慰安婦の方々に心から同情し、申し訳ない気持ちでいっぱいだ」と
頭を下げる▼従軍慰安婦問題での安倍首相の発言だ。大きなぶれがあった。どちらが本心か、とい
ぶかしんだのは、国内の世論ばかりではない。米下院委員会が採択した決議は、首相には厳しい内
容だ▼読めば、日本政府の誠実さ(シンセリティ)が繰り返し疑われていたという。これまでの政
府見解に対しても、どこまで本気かよくわからない、といったニュアンスが込められた。決議はこ
うした疑念を解消するため、首相声明での公式謝罪を求める▼米国が圧力をかけるにせよ、この問
題でいったい何度謝れば済むのか、といった国内世論はある。だが、謝罪か何か判然としない態度
を続けては、同じことが今後も繰り返されるのだろう▼軍の強制は、沖縄戦で起きた住民の集団自
決でも論議になった。教科書検定で「旧日本軍が強制した」との記述が削除された。住民は激しく
反発し、県議会は自民党も含めた超党派で記述回復を求めた▼自国の歴史を美しく描きたい思いが
先走るのか。軍の責任を小さく描く傾向は、戦争の美化へと進む危険性をはらむ。自国に不都合な
事実を含めて、ありのままを認めることが歴史に対する責任であろう。



酷いものです。
 

本質をはぐらかし、ケンカ両成敗的な物言い

 投稿者:モト冬木  投稿日:2017年 1月14日(土)07時03分5秒
返信・引用
   1月11日の多苦情四季「小魚を煮る」でのこと。


韓国・釜山の日本総領事館前に設けられた慰安婦少女像を巡る日韓のやりとりである。撤去に応じない韓国側に業を煮やした日本政府は、駐韓大使を一時帰国させた


外国公館の安寧や尊厳を維持することを定めたウィーン条約に抵触する慰安婦像をソウルの日本大使館前に建てた韓国に対して、撤去を含めた措置を求めた日韓合意。

それを無視する形で釜山の日本領事館に隣接する歩道に、新たな慰安婦像を市民団体が建立することを韓国政府が事実上黙認したことに対する〝目に見える形での抗議〟であって、べつに「業を煮やした」わけではない。


慰安婦問題打開を目指す日韓両政府の合意は韓国国民に浸透しなかったらしい。一義的には韓国政府に問題があるが、日本の対抗措置も解決を長引かせないか。対立を喜ぶのは一部の人だけなのに


四季子は、日韓両政府の合意が韓国国民に浸透しなかったなどと嘆いてみせるが、考え方がおかしくはないか?ドーシンの価値観は「韓国国民の世論>国家間の約束>国際的な条約」なのだろうか。

したり顔で「一義的には韓国も悪いが日本も悪い」といったケンカ両成敗的な物言いにはうんざりだ。

さりげなく「対立を喜ぶのは一部の人」と、暗に「在日特権を許さない市民の会」を連想させる一文を載せるあたり、極めて姑息だ。

仮に、日本ではまず起こりえないが、在日韓国大使館前に同国への侮辱を連想させる像が、市民団体の手で建立されたら、ドーシンはなんと言うのだろうか。
 

日本の国民感情を一顧だにしないドーシン斜説

 投稿者:モト冬木  投稿日:2017年 1月 8日(日)10時55分45秒
返信・引用
   釜山の日本領事館近傍の公道に設置された慰安婦像に対して日本政府がとった措置について、ドーシンは1月7日は沈黙を決め込み、1月8日の斜説で「慰安婦像問題 強硬策で解決するのか」と銘打ち、わが国の対応を批判した。



 外交関係に関するウィーン条約では大使館、領事館の安寧、威厳を守る「特別の責務」があると定めている。韓国政府が少女像を放置したままでいいはずはない。

 ただ、
問題の根本には日韓合意への反発が根強い韓国の国民感情がある。そこを解きほぐさない限り、解決にはつながらない。



 この問題について、ドーシンの底流にあるのは「加害者=ニッポン、被害者=韓国」なのだろう。なので韓国が日本に対して行う嫌がらせにも似た反日行動には寛容であれ、韓国民の国民感情に日本政府は応えるべきであるという論調となる。

 一昨年、ドーシンは朝日新聞の慰安婦強制連行説の片棒を担いで、発信した記事を訂正し、読者に対して表面的には反省したように体裁を整えたが、その実、根底は一向に変わっていないということがこの一文からもわかる。

 昨年の日韓合意を反故にし続け、慰安婦像を次々と建立している韓国に対して、血税10億円を払った「日本国民の国民感情」について、ドーシンは一顧だにしていない。



 そればかりか対抗措置は韓国世論の反日感情をさらに激化させる恐れがある。効果をどこまで考えての措置なのかは疑問が残る。



 対抗措置をとらなければ、挺対協などがさらに増長し「日本に対しては、何をやっても許される」との誤ったメッセージを送るのは火を見るより明らか。今までの歴史が物語っているではないか。



 一方、日本政府が10億円拠出により今後の合意の履行は全て韓国側に責任があるかのように捉えているとすれば、それは違う。

 韓国側は安倍晋三首相が合意の際に表明した「おわび」を、以前のアジア女性基金のように元慰安婦への手紙にすることを求めた。

 しかし首相は昨年10月の衆院予算委員会で、手紙は「合意の外だ」として「毛頭考えていない」と全面否定した。韓国国民に冷淡な印象を与えたのではないか。




 これなども単なるドーシンの思い込み・想像に過ぎない。「「おわび」しなかった安倍が悪い」と言うに等しい。日韓合意以上のことを韓国が言い出し、またゴールポストを動かしたのだから、応じる必要などないのである。

 当社説の結言「安倍政権が歴史問題に誠実に向き合う姿勢を貫かなければ、韓国の国民感情は好転しないだろう。」にはまさに何をかいわんや。

 韓国は先の大戦での戦勝国でもなんでもなく、慰安婦も強制連行ではなかった。中華思想の華夷序列に絡めとられて日本を見下し愚弄することでしか民族的自尊心を保持しえない国とは、早々に縁を切るべきだと思う。
 

謹賀新年

 投稿者:愛国主義者  投稿日:2017年 1月 7日(土)18時19分23秒
返信・引用
  謹んで新春の御祝詞を申し上げます。

昨年中は北斗@管理人様、常連の皆様に
大変お世話になり誠に有難うございます。
本年も何卒よろしくお願い致します。

皇室の弥榮と國運の隆昌、
皆様の御健康と御多幸を御祈り申し上げます。

皇紀二六七七年 平成二十九年
天皇陛下萬歳!!!大日本帝國萬歳 !!!  
 

1月7日社説子供の貧困

 投稿者:木村矩子メール  投稿日:2017年 1月 7日(土)06時24分42秒
返信・引用
  子供たちが平等に教育を受けられるよう願っております。社説には学習塾ありきの考えがありますが塾なしで公的に学力、身に着く事ねがってます。千歳のチャレンジ塾素晴らしい!孫が勉強についていけなくて塾にいってますが高いばかりでパッとしません。
塾ありきが現実ですが本来の姿ではないと思います。
 

本年もよろしくお願いいたします。

 投稿者:北斗@管理人  投稿日:2017年 1月 4日(水)17時22分24秒
返信・引用
  皇紀2677年、平成29年

平成12年10月に弊ホームページを開始、同年11月に掲示板を開始。依頼16年余が経過しました。

本年もよろしくお願い致します。

 

Re: エトロフに日本人はいなかったのか?

 投稿者:的場 光昭メール  投稿日:2016年12月29日(木)13時54分11秒
返信・引用
  アルジェリアの特別日本人様へのお返事です。

お問い合わせありがとうございました。

投降をみて、40年ほど前の記憶がよみがえりました。
以来、私の永遠の恋人はオ〇ガさんです。
今でもあの感動の涙や、何も手がつかないほどの恋愛に憧れたことを思いだします。

さて、お申し越しの件ですが、この問題に関しては非常に残念な経緯があります。

〇鈴木宗男氏は「北海道、樺太、北方領土、千島列島にも先住していたアイヌ民族を、日本政府が先住民族であると正式に認めることで、ロシアとの北方領土返還交渉に新たな風穴を開けられるという戦略もあってのこと」(『月刊日本』二〇〇八年十月号)と書いています。

『月刊日本』八月号には
〇「北方領土やサハリン島に関する利益は、日本国民全体の利益となります。アイヌ民族は、先住民族として、北方領土だけでなくクリル諸島、サハリン南部の土地、そしてその天然資源に対する権利を持つからです。」(多原香里氏)
〇「北方領土にしても、アイヌ民族が先住民族の権利として返還を要求できます。樺太の天然資源の利用についても、先住民族であるアイヌ民族は特別の要求を行なうことができます。アイヌ民族がロシアに対して、先住民族としての当然の権利を要求することによって、結果として日本国民全体、日本国家の利益を増進するのです。」(佐藤優氏)

この主張に対して私が、択捉以北のアイヌはロシア正教に改宗していてロシアに帰属したのだから、三氏の主張では択捉までロシアにくれてやると言っているに等しいと、月間正論上で反論しました(北千島に居住していた九十七名は機を失してとどまり日本に所属)。

すると間もなくロシアはアイヌ系住民の戸籍調査をはじめて、択捉の空港をはじめとするインフラ整備をはじめたのです。

国内の政治家や評論家の誤りをしてきするのはよいのですが、これがかえって周辺諸国を利することがあるということを痛感させられました。
そして、第169回国会参議院沖縄及び北方問題に関する特別委員会(平成二十年五月二十三日)ではこんなやり取りまで・・・。

★質問 喜納昌吉(民主党議員)
…世界各国で定義(的場注:先住民族の定義)がまだ確立していなければ、日本政府が定義を確立すればいいんじゃないですか。なぜそういう勇気がないんですか。そこに日本のすべての政治の問題が詰まっているのを知らないんですか。もし日本がこの問題を解決できれば、これは、拉致問題であろうが、北朝鮮も全部解決できます、これは。私、そういう勇気をひとつ政治家に求めたいと思っていますね。
…それから、政府は、アイヌ民族を先住民族として認めていないことによって、北方領土の領有権の主張がロシアや国際社会に対して弱まっているという考え方を持っていませんか。私はこの前、ロシアの総領事とも会ってきたんですけどね。なぜ先住民の土地があったということを素直に認め切れないかという、もしそういう視点からならばロシアは相談すると言っていますけど。どうですか、この辺は。

☆答弁 高村正彦大臣
 アイヌを先住民族と日本政府が認めたからといって拉致問題が直ちに解決するとも思いませんし、認めないからといって北方領土の問題に、解決に支障が生じているとは思いません。別の理由で今のような状況になっていると、こういうふうに考えております。

★質問 喜納昌吉議員
 ちょっと知恵を働かせば、私ならば、今度は、国際先住民の宣言がなされていく中で、国連だって、ミャンマーのように保護する責任とか、ミャンマーの災害とかいろんな問題を見たときに、もう世界の、国際の安全保障の環境というのは、生態というのは変化しつつあるという。その変化に付いていくために日本が全く新しい理念を持ち上げていく必要があるとしてみたら、その意味でも早くアイヌの問題を日本の方が先駆けて消化するぐらいの力を持ってほしいですね。
 一つの案として、北方四島を返すときに一つの島ぐらいは彼らに自治権を与えるぐらいの度量を日本政府が持てばすばらしいと思うんですけど、私は、自治権を。そうすれば、この北方四島に関して、日本だけではなくして世界中が応援します、これは。この辺はどうですか、高村大臣。

☆答弁 高村正彦大臣
 日本政府が北方四島を我が国固有の領土だとして返還を求めていることにつき国際社会で広く理解をされていると、私はそのように思っております。残念ながらロシアが理解しないから返してくれないと、こういうことでありまして、何か今委員が御提案のようなこと、よく聞こえなかった、よく分からなかったんですが、もし、そうしたからすぐ解決すると、そういうふうには、残念ながらこの領土紛争というのはそう単純なものではないと、こういうふうに思っております。

酒場の与太話ではありません。
この特別委員会で民主党を代表して質問しているのは、良識の府である参議院議員、しかもこの時点で民主党は次期総選挙において政権を取ることが確実視されていました。その民主党を代表する議員が、アイヌを先住民族と認めさえすれば、北方領土問題も拉致問題も北朝鮮の核問題も片付くと真剣に言っているのにはあきれ果てます。
古典落語のまくらに、「バカは隣の火事より怖い」というのがありますが、こんな連中が政権を弄んだかと思うと背筋がぞっとします。
高村大臣は紳士ですね。内心はあまりの幼稚な質問に呆れていたでしょうけれども、うっかり政府が見解を示すとロシアに逆手に取られかねないことをよくわきまえて、「よく聞こえなかった、よく分からなかったんです」とどうにか喜納議員の顔を立てています。
しかし、「アイヌが先住民族と認めれば北方領土返還交渉が有利になる」という考えは、先にも述べましたが喜納議員だけではなく、鈴木宗男氏などが真剣に唱えていたことなのです。

実は日本の古文献江戸期以前、鎌倉時代などには、周辺諸国との領土紛争に火をつけかねない、日本人しかも当時の高官によって書かれたものもありますが、これをあげて政治家や評論家の無知を批判することは、けっしてしてはいけないことだと深く反省しました。

私のような田舎医者の投稿でも、他国に乗ぜられることがあるのですね。
40年前の思い出をみて、納得されることを期待します。
分かっていただけなければ、それはそれで仕方のないことです。
 

秋山孝二さんってこういう人なんですね

 投稿者:的場 光昭メール  投稿日:2016年12月29日(木)08時52分6秒
返信・引用
  大金持ちが税金逃れに財団法人を作るということを時々耳にします。
さて、今朝の朝刊に登場した、札幌の公益財団法人・秋山記念生命科学振興財団理事長の秋山孝二さん(65)が、安倍首相の真珠湾訪問にケチをつけています。
秋山さんは北海道の医療界では知らぬ者のない、老舗薬卸秋山愛生舘(今は合併してスズケン)の御曹司です。
記事中には〝アジア諸国との歴史認識問題は解決にほど遠い〟という貴重なご意見を述べられています。
この財団は、平成25年(2013)に
〝東アジアの平和のための共同ワークショップ〟
なるものに助成金を出しています。
拙著『反日石碑テロとの闘い』に詳述してありますが、メンバーは、朝鮮総聯・韓国人・民団・アイヌ協会・浄土真宗関係者・共産党員・日教組・・・・。
手元には主だった130名中90名の名前と肩書、そして今までの反日活動の数々が記された一覧表があります
そして彼らが人骨を発掘して現場で慰霊祭までやってのけたのですが、墓穴も骨も偽物であったことが、北海道警察の協力と法医学者の検証で明らかになりました。
北海道新聞はカラー記事で慰霊祭の様子をのせましたが、ニセ人骨だったという訂正記事をのせていません。
このような、偏向した反日活動家を支援する財団の理事長に道民の意見を代表されては大きな迷惑というものす。
この財団の活動、そしてと北海道新聞の繋がり注目する必要がありそうです。
 

エトロフに日本人はいなかったのか?

 投稿者:アルジェリアの特別日本人  投稿日:2016年12月23日(金)21時04分18秒
返信・引用
  使節(プチャーチン)「エトロフにはあいの(アイヌ)ばかりが住んでいて、日本人が暮らしていないように見えた」
左衛門尉(川路聖謨)「あいのは日本人に属するから、あいのがいる所は日本の領土だ」


上のように、エトロフには日本人がいなかった、とイメージさせる記事が北海道新聞に載っていました。博識な的場先生は、こうしたやり取りがあったことをご存知でしょうか? 北方領土がアイヌ民族のもの、と誘導するためのねつ造ではないでしょうか。実際にはシャナに会所が置かれ、漁業が営まれ、津軽、盛岡藩など東北諸藩が勤番をしていました。「日本人」はいないどころか、数百人もいました。

的場先生は前に、北海道新聞の記事で「私はそんな資料を見たことがない」ということを根拠に記事を否定していましたね。今回の記事も「私はそんな資料を見たことがない」ということならば、否定してください。

?
 

ロシアをパートナーとするのか?

 投稿者:愛国主義者  投稿日:2016年12月22日(木)19時59分50秒
返信・引用
  日露首脳会談後の安倍総理の『言い訳』を聞いたが、いつの間にか
『北方領土返還』から『ロシアは安全保障のパートナー』
といったニュアンスに変わっている。そんな話がメインでしたっけ??
別に悪い話ではないが・・・・

要点は強大化する『中国』を周辺地域が包囲し、締め上げるとい構想。
支持はするが、それだったら最初から
『領土の話はしない!経済と関係強化がメインだ』、『中国を封じ込める』
そう述べてくれれば、落胆も批判もなかったであろうに。

まあタイミングよく、中国がアメリカの小型海洋調査船を『うかつにも盗んで』
しまったために、元々中国に厳しい態度を示していた、トランプ次期大統領の
腹を決めさせたかもしれない。つまり中国には強硬に出るということ。

機を見るに敏なプーチンは日本と米国に接近し、中国とは距離を置くだろう。
日本にとっては、願ったりかなったりだが、ロシアをパートナーにするのか?
そこまで信用しているのだろうか?安倍総理は??

経済・技術・政治・防衛・民間でロシアとの交流を深めるのは結構だが、
ロシアは条約違反の常習犯。力こそ正義で、考え方は大陸らしい野蛮さを
持ち合わせている。ロシアを中国から引き離させるのはいいが、ロシアを
信じるのは問題ではないだろうか??

それに、ある程度は中国から距離をとるだろうが、中国が有利と見れば
ニコニコ顔で日本を裏切るということも、心得ておくべきではないか?
 

日露首脳会談と北方領土返還

 投稿者:愛国主義者  投稿日:2016年12月18日(日)17時48分48秒
返信・引用
  まず、正直日本側が得られたものは何も無いという事。
もちろん、北方領土すべてが返還されるなどと、期待をしていた
訳では無いが、現時点においては領土交渉は事実上ストップ。

日本政府はなんだかんだと、いいわけをしているが経済協力
という名の経済・技術支援に終始し、得をしたのはロシア側だけ・・・・
強いて、日本側が得られたものは、せいぜいロシアとの友好関係を
深めることができた・・・・ということだろう。

この程度で終わるなら、なにも安倍総理の地元である長州藩・・・
ではなくて山口県で、プーチンをもてなす必要もなかったのではないか?
秋田犬をプレゼントしたからと言って、それがどうしたというのか?

もちろん、ロシアとの友好を深めるというのは重要だが、
ここまで大騒ぎしたのは、かえって馬鹿馬鹿しいものである。

丁度10年ほどまえ、自民党から3島返還論(面積等分論)がだされ、
森喜朗が具体的な話をしていたが、結局そんな話が出たのは
『日本国内だけ』であり、ロシア側が賛同したりした訳では無かった。

総理という立場上、考慮しなければいけないこともあるが・・・・

安倍総理、なにしているんですか?
鈴木宗男!この役立たずが!プーチン返還する気ないじゃん!
元外務省職員の佐藤優!この無能役人!
 

イヨマンテ制禁の事

 投稿者:アルジェリアの特別日本人  投稿日:2016年12月18日(日)12時34分48秒
返信・引用
  「此の二事(メッカ打ちとイヨマンテ)は、往古より夷中の習はしなりといえども、殊に夷狄の悪風なるがゆえに、忠明以下の有司彼の地に至のはじめ、前の三章の法則とともに厳く此事を制禁す」(羽太正養「休明光記」)
?
 

「北海道博物館」の展示問題

 投稿者:日本会議北海道本部 「北海道博物館問題」対策委員メール  投稿日:2016年12月17日(土)10時01分40秒
返信・引用
  昨年新装開館の「北海道博物館」の展示問題についての

北海道知事への公開質問状を公開する運びとなりました。

↓ご覧頂きたくご案内いたします。
http://www.nipponkaigi-hokkaido.org/

http://www.nipponkaigi-hokkaido.org/

 

/139